東灘ジャーナル

「こうべ花時計」最後のデザインは「茜離宮」 #こうべ花時計 #神戸市 #神戸観光 #東遊園地 #須磨離宮公園 #茜離宮

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

reload

スポンサーリンク

「茜離宮」をもって、現在の場所での植替えはラストに

神戸市役所隣の「こうべ花時計」が、東遊園地南側の噴水がある場所に移設される予定です。解体・撤去工事は神戸マラソン終了後の11月下旬より、現在の場所での植替えは、505回目の「茜離宮」でラストとなります。その最後のデザインを写真でご覧ください。

引用参照:神戸新聞NEXT「今秋撤去の花時計 東遊園地南の噴水に暫定移設へ」

引用参照:神戸市広報サイト「花時計」

 

【※ご参考】「こうべ花時計」見どころポイントはこちら

神戸市役所隣の「こうべ花時計」がイニエスタ選手を歓迎!本庁舎2・3号館の建替えで11月以降、撤去予定の模様。 #こうべ花時計 #イニエスタ #神戸市

「こうべ花時計」へのアクセス

神戸市役所2号館の建設に合わせて進められ、完成と同時期に北側に設置された「こうべ花時計」日本初の花時計として、文字盤には季節ごとに様々な花が植えられた、神戸を代表する美しいスポットです。

設置場所はこちら。(※画像は、神戸市広報サイトより引用しています)

最後のデザイン「茜離宮」のご紹介

一般公募で入選されたバラのデザイン「茜離宮」がこちら。

「茜離宮」とは、昨年開園50周年を記念して、一般公募により名称決定された新種のバラで、須磨離宮公園のオリジナルローズとして育成されています。10月19日(金)から11月7日(水)まで開催中の「秋のローズフェスティバル」では、本物の「茜離宮」に出会うことができます。

【※ご参考】「秋のローズフェスティバル」と「茜離宮」

須磨離宮公園で「秋のローズフェスティバル2018」が開催中!「こうべ花時計」のモチーフになった「茜離宮」もあるよ! #須磨離宮公園 #ローズフェスティバル #茜離宮 #こうべ花時計

神戸市立須磨離宮公園で10月19日から11月7日まで「秋のローズフェスティバル2018」が開催されるよ! #須磨離宮公園 #ローズフェスティバル #バラ #須磨区

日本初の花時計は、直径6m、高さ2.25m、傾斜角度15度で、地下には機械室があり、盛り土の上に設置しています。花時計の電源には、2002年より太陽光ソーラー発電の電気を使用。ちなみに現在ある花時計は、1976年に改装した2代目のものです。(引用参照:神戸の「花時計」とその継承業務より)

「こうべ花時計」は庁舎の立替工事に伴い、現在の場所での植替えはラストとなります。解体・撤去工事は神戸マラソン終了後の11月下旬より、次回植替えについては、移転先にて2019年春頃を予定しています。最後の機会に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「こうべ花時計」の移設予定と「茜離宮」のご紹介
【営業日・営業時間】
常時開放(※2018年11月の神戸マラソン終了後、解体・撤去予定です)
【連絡先】
移転に関するお問合せ:行財政局総務部庁舎管理課 TEL:078-322-5065
【Webサイト】

神戸市広報サイト「花時計」

神戸市広報サイト「過去の花時計」デザインはこちら

【場所】

住所:神戸市中央区加納町6丁目5-5-1

こうべ花時計


この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事