【※写真あり】三宮と新港地区の未来を架ける橋へ!「税関前歩道橋」が生まれ変わるみたい! #税関前歩道橋 #渡りたくなる歩道橋 #神戸市 #神戸観光 #新港突堤西地区 #ウォーターフロント

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

東遊園地の傍にある「税関前歩道橋」が生まれ変わります!

国道2号とフラワーロードが交差する「税関前交差点」において、南北軸の回遊性向上に向け、三宮周辺地区と新港突堤西地区・みなとのもり公園をつなぐ『渡りたくなる歩道橋』をテーマに、設計競技(コンペ)が行われました。

最優秀作品はこちら

(代表者)株式会社エイト日本技術開発(構成員)株式会社イー・エー・ユー

国道2号による港と街との分断感を緩和し、「税関前交差点」を新たな空間として劇的に創り変え、新港突堤西地区と三宮周辺地区をつなぐ都心の南北軸強化への観点から審査が行われました。最優秀に選ばれたこちらの作品は、

●東遊園地の一部を使うことで、緩やかなカーブの平面線形を生むととも
に、主塔と吊り構造のケーブルが織りなすやわらかな曲線によってシン
ボリックな造形美が表現されている。
●桁厚が 500mm で、5者の提案書のなかで最も薄く、軽快なデザインで、
周辺環境と調和している。
●交差点北西側からのアプローチの勾配は4%、幅員は5mであり、5者
の提案書のなかで最も緩やかで広幅員のスロープであり、安全・安心で
快適な歩行者の移動空間を実現することが期待出来る。

という点が高く評価されました。

画像と文章の引用参照:神戸市広報サイト「税関前歩道橋 設計競技(コンペ)」、および審査経過、審査結果及び講評(PDF)(PDF形式:259KB)

写真で見る現在の「税関前歩道橋」

東遊園地の噴水広場のすぐ傍にある「税関前歩道橋」にやってきました。

緩やかな傾斜が続く大きな歩道橋です。

国道2号とフラワーロードが交差する「税関前交差点」の上に位置しており、

神戸税関KIITO神戸ポートオアシスが並ぶ新港突堤西地区への行き来や、

みなとのもり公園方面への架け渡しとなっています。

実際に歩道橋を歩いてみると、揺れ感とともに、南側地区との分断感も否めません。歩道橋整備に加え、街と一体になった魅力ある公共空間の形成に、今後期待したいと思います。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「税関前歩道橋」のコンペ作品と現在の様子
【営業日・営業時間】
常時開放しています。
【連絡先】
【Webサイト】

神戸市広報サイト「税関前歩道橋 設計競技(コンペ)」

審査経過、審査結果及び講評(PDF)(PDF形式:259KB)

【場所】

住所:神戸市中央区加納町6丁目1

税関前歩道橋(税関前交差点の上)


この記事のURLとタイトルをコピーする