東灘ジャーナル

神戸のおすすめ・メリケンパーク周辺で楽しめる観光スポットをご紹介!【※保存版】#神戸メリケン #神戸観光

calendar

reload

スポンサーリンク

神戸のおすすめスポット・「港町メリケンパーク」

神戸のおすすめスポットを紹介するコーナー、今回は神戸を代表するメリケンパーク周辺をご紹介します。お出かけ時にぜひ活用してね♪

神戸のランドマーク「神戸ポートタワー」

神戸のウォーターフロントの中心部、中突堤に優美に佇む「神戸ポートタワー」は和楽器の鼓を長くしたような、双曲面構造の美しい外観と独特のパイプ構造を持ち、その優美さから「鉄塔の美女」と呼ばれています。夜は7040個のLED照明による多彩なイルミネーションのライトアップで、「神戸」の夜景を彩ります。展望5階層・地上3階層から見渡す神戸は、港と市街地、そして六甲山系が広がる「海と青空」「輝く夜景」の大パノラマ。明るい港が移りゆく光と影、沈む夕陽。港湾に広がる夜景をお楽しみ下さい。(※文章は神戸ポートタワー公式サイトより引用しています)

神戸ポートタワー 入場料金

大人(高校生以上) 小人(小・中学生)
ポートタワー 700円 300円
海洋博物館 600円 250円
共通券 1,000円 400円

神戸ポートタワー 営業時間

3月~11月:9:00~21:00(最終入場 20:30)

12月~2月:9:00~19:00(最終入場 18:30)

※年中無休 

神戸ポートタワーへのアクセスはこちらをクリック

海・船・港を体感する「神戸海洋博物館」

大海原を駈ける帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴的な「神戸海洋博物館」「海から港から神戸が始まり、未来に船出する。」をコンセプトに、1868年の近代神戸港の開港から120年目に当たる、1987年に「神戸開港120年記念事業」としてオープン。船の仕組みやクルーズ客船の魅力、港の施設や海・船・港の歴史と未来が学べるコーナーの他、古の時より時代とともに移り変わる港と街の様子を、航海計器や船具の「実物」や「ジオラマ模型」「映像」「グラフィック」などで、海・船・港の「過去」「現在」「未来」をわかりやすく紹介しています。2006年より、川崎重工業が企業博物館「カワサキワールド」を隣接展開し、体験できる博物館として親しまれています。(※文章は神戸海洋博物館公式サイトより引用しています)

神戸海洋博物館 入場料金

大人(高校生以上) 小人(小・中学生)
神戸海洋博物館・カワサキワールド 600円 250円
神戸ポートタワー 700円 300円
共通券 1,000円 400円

神戸海洋博物館 営業時間

開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30まで)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館翌日振替休館)、年末・年始

神戸海洋博物館へのアクセスはこちらをクリック

神戸メリケンパークのモニュメント「BE KOBE」

「BE KOBE」は阪神・淡路大震災から20年を機に生まれたロゴマークです。「BE KOBE」を直訳すると、「神戸であれ」という意味になりますが、皆さんの心の中にある「神戸への想い」を「BE KOBE」に重ねて自由に解釈して頂くことで、神戸市民であることを誇りに思う気持ちの合言葉として広めたいという思いがあります。文字のモニュメントは、インスタ映えすること間違いなし!(※文章は神戸市広報サイトより引用しています)

『BE KOBE』は、阪神・淡路大震災から20年目の2015年、「人のために力を尽くす」という市民の熱い想いを集めて生まれたメッセージです。「市民が神戸市民であることを誇りに思う気持ち」を表しています。先進的で開放的、さらには豊かな創造性と国際性に富んだ、みなとまち。“神戸らしさ”を育みながら大きな苦難を乗り越えてきた「これまでの150年」から、若者が挑戦し活き活きと活躍する「これからの150年」に向けて、神戸は出航します。

神戸開港150年記念 2017年4月 神戸市

 神戸港の景色を一望!西日本最大級の「スターバックス」

関西圏で初めての公園内店舗となった「スターバックス 神戸メリケンパーク店」。神戸開港150年を記念と合わせ、2017年4月にオープンしました。「KOBE HARBOR COFFEE CRUISE」をテーマに、船と港のモチーフをふんだんに取り入れた店内となっています。外壁には「菱葺き(ひしぶき)」と呼ばれる手法で、スターバックスのロゴにもなっている人魚のウロコをイメージさせるようなデザインが特徴です。

「スターバックス 神戸メリケンパーク店」へのアクセスはこちら

メリケンパークに新登場!カフェ&レストラン「SO TABLE KOBE 0330」

カフェ&レストラン「SO TABLE KOBE 0330」はメリケンパーク内、神戸ポートタワーの目の前にあります。お店のテラスに出てみれば、六甲からの風と潮の香りを感じられ、夜になれば百万ドルの夜景に包まれながらの時間を過ごしていただけます。神戸周辺で獲れる新鮮な食材をイタリア人シェフが厳選して調理する本格的イタリアンは、まさに神戸文化にならった和洋折衷のスタイルです。港らしくコンテナを積み上げてつくりあげた店内は、神戸ウォーターフロントを見渡せるテラス席もあわせて、ゆったりとくつろいでいただけます。ちなみに、店名にある「0330」は日本主要国際港コードから、ここにも神戸の港文化を感じることが出来ますね。(※文章は「SO TABLE KOBE 0330」WEBサイトより引用しています)

カフェ&レストラン「SO TABLE KOBE 0330」へのアクセスはこちら

番外編:中突堤中央ビルの「グルメ横丁」で昭和レトロを楽しむ

神戸ポートタワー近くの中突堤中央ビル2階にある「グルメ横丁」。先日ご紹介した喫茶店「ワラジヤ」さんがあります。その他にも、昭和レトロを感じられる喫茶店や洋食屋さんがあり、メリケンパーク散策の際は、ぜひ立ち寄ってみてね。

【オムソバメシのレポはこちら】

神戸・メリケンパークのグルメ横町にある「ワラジヤ」さんで、芸能人に大人気「オムソバメシ」を食べてみた! #ワラジヤ #神戸メリケンパーク

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸メリケンパークおすすめスポット
【営業日・営業時間】
※各スポットで確認してね
【連絡先】
【Webサイト】

神戸ポートタワー公式サイト
神戸海洋博物館公式サイト
神戸市広報サイト
「スターバックス 神戸メリケンパーク店」
カフェ&レストラン「SO TABLE KOBE 0330」
喫茶店「ワラジヤ」のご紹介

【場所】

住所:神戸市中央区波止場町2

神戸メリケンパーク周辺、多数

神戸市中央区波止場町2

この記事をシェアする