おかえり「こうべ花時計」! 再始動セレモニーが東遊園地・噴水跡で開催されたので、動き出す瞬間を見てきた! #こうべ花時計 #神戸観光 #神戸市 #花時計移転 #東遊園地 #再始動セレモニー

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

「こうべ花時計 再始動セレモニー」に立ち会ってきた!

2018年11月29日から休止していた「こうべ花時計」が、東遊園地内に暫定移転を完了し、再始動セレモニーが3月28日(木)9:15~9:45に開催され、針の動く瞬間を見てきました。その様子を写真と動画でご覧ください。

情報の引用参照:神戸市広報サイト「こうべ花時計再始動セレモニーを行います」

こうべ花時計 再始動セレモニー」の様子

28日の朝早くから、多くの報道陣が東遊園地・噴水跡に集まっていました。

後方には「花時計」の図案パネルが展示されています。東灘ジャーナルお気に入りのデザインは、やはり第1回目の図案です。シンプルながら、花時計の良さが1番分かりやすいですね。

久元神戸市長さんのご挨拶の中で、これからのウォーターフロントの展望についても触れておられました。

いよいよ「花時計」の再始動へ。カウントダウンで一斉にスイッチが入り、ゆっくりと針が動き出しました。再始動、おめでとうございます!その瞬間を、Twitterの動画でご覧ください↓

花時計誕生と同じ昭和32年に「花時計」という曲が作られ、本日の再始動セレモニーでは、作詞者の戸倉 信吉さんによる指揮のもと、「花時計」の合唱が披露されました。

再び動き出した「こうべ花時計」の前で記念撮影が行われました。

最終的な移転先はまだ未定ですが、暫定移転した「花時計」を見に、ぜひ東遊園地・南側までお立寄りくださいね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年3月28日(木) 9:15~9:45 【開催済】

【有料無料の区分】
無料




【場所】

住所:神戸市中央区加納町6丁目1

東遊園地内・噴水跡 南側園地



この記事のURLとタイトルをコピーする