【接触冷感素材のアイスシルクでひんやり!】アイスシルクを使ったマスク「COOLMAX(クールマックス)」を試してみた! #マスク #涼しいマスク #アイスシルク #クールマックス #COOLMAX

この記事のURLとタイトルをコピーする

挑戦してみた!

接触冷感素材・アイスシルクを使ったマスクを実際に試してみた!

新型コロナウイルス感染防止対策として、毎日に欠かせない「マスク」
暑い季節に涼しさを求めて、ドラックストアで見かけた接触冷感素材のマスク「COOLMAX(クールマックス)」を実際に試してみました。

>>>【※夏に快適!】便利な「マスク特集」記事はこちら

接触冷感素材のマスク「COOLMAX(クールマックス)」(2枚入:767円)

今回ドラックストアで見つけたのが、こちらの接触冷感素材のマスク「COOLMAX(クールマックス)」(2枚入:767円)。

生地の素材はポリエチレンとスパンデックス。マスクの原材料としては、ちょっと珍しい超高分子量ポリエチレン繊維を使用、冷感素材のアイスシルクを4.6%混紡した新素材が採用されています。
熱伝導率・熱拡散率が一般的な繊維では最も高く、高強力、高弾性率に加えて水に浮くほどの軽さが特徴で、さらに蒸れ防止のため、綿が10%混紡されています。

「COOLMAX」を実際に使ってみた感想

パッケージから取り出した状態がこちら。2枚入っているので便利ですね。

生地全体が軽く、肌に触れたときの感触がサラサラしています。

痛くなりにくい耳掛けゴムを採用。アジャスターが付いており、お好みの長さで調整することが出来ます。手洗いして繰り返し使うことができ、変形しにくいのが特徴です。

3D構造と伸縮性に優れた「抜群のフィット感」で、

長時間使用しても、口臭などの匂い移りがほとんどありません。

男女共に使用できるシンプルなデザインに加え、

立体的なフォルムで通気性を確保、息苦しさを感じさせません。

接触冷感素材のアイスシルクがばっちり効いており、暑い時期でもひんやり感が持続します。
ウイルスの侵入を防ぐ効果は低いため、飛沫防止や咳エチケットなど感染リスクの少ない場所限定の使い方になりますが、暑い夏におすすめのマスクかなと思いました。

暑い季節も快適に装着できる「マスク」を求めて、これからもご紹介していきます。次回もどうぞご期待ください。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする