東灘ジャーナル

神戸のソウル飲料「アップル」を新長田・ためがね酒店で味わってみた! #アップル #新長田 #ためがね酒店 #兵庫鉱泉所

calendar

スポンサーリンク

あの懐かしい「アップル」が飲めるスポットへGO!

お好み屋さんで飲んだ記憶がある方も多い「アップル」。新長田周辺で味わえるスポットがあるとお聞きし、早速立ち寄ってみました。

「アップル」とは!?

「アップル」とは、瓶に入った黄色い清涼飲料水(ミカン水)の名称です。長田区の兵庫鉱泉所さんなどで製造され、同区や兵庫区などで親しまれてきました。今では一部のお好み焼き屋さんで味わうことが出来ます。

「アップル」を製造する「兵庫鉱泉所」さんはこちら

JR神戸線「兵庫駅」北側出口を出て、西へ歩くこと約10分、

町の鉄工所さんが立ち並ぶ一角に、

空き瓶のケースが並ぶ「兵庫鉱泉所」さんがあります。

現在製造している商品は、アップル(みかん水)、ラムネ、ソーダ、ソーダ(メロン)、サイダー、レモンサワー、炭酸水などがあるそうです。商品をお届けし、空瓶を持ち帰り、洗浄、飲料を詰めるという流れを担っており、使い捨てではない瓶の趣きがあります。神戸市内はこちら1件しか残っておらず、大変貴重な会社さんです。
こういった背景を知った後、新長田にある「ためがね酒店」さんで実際に「アップル」を飲むと、さらに親しみがわきますね。

新長田にある「ためがね酒店」さんで「アップル」を飲んでみた!

JR新長田駅から徒歩約10分、市営地下鉄海岸線・駒ケ林駅から徒歩3分の距離で、新しく誕生する「新長田合同庁舎」の向かい側に、「ためがね酒店」さんがあります。

【「新長田合同庁舎」の記事はこちら】

神戸・新長田合同庁舎の建設予定地の様子を見てきたよ!【※写真付レポ】#新長田

「アップル 二葉町4丁目で街飲み!!」と書かれたのぼりが目印です。早速中へ入って飲んでみましょう。

店内はカウンター席があり、お酒を飲みながら小鉢を楽しむことが出来ます。撮影のご協力を頂き、ありがとうございます!アップルは1本100円。透明な瓶にラベルもありません。栓を抜いていただき、早速ゴクゴク。うん、アップルの味はしないなぁ(笑)優しい甘さのミカン水でした。アップルと呼ばれる所以は、名前が呼びやすかった、戦後の歴史的背景、その他さまざまな諸説があり、辿ってみるのも面白いかもしれません。(※こちらはお持ち帰りも可能、空き瓶は洗ってお店にご返却くださいね。)

神戸マラソン(11月19日)やイベント開催時には「アップル・スタンド」が設置され、瓶を片手に楽しめますよ。神戸のソウル飲料「アップル」を、あなたもぜひ味わってみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
ためがね酒店(アップルを販売しています)
【営業日・営業時間】
9:00~20:00
【連絡先】
078-611-0612
【Webサイト】

ためがね酒店さんとアップルの記事はこちら

(2017/9/26 神戸新聞NEXTより)

【場所】

住所:神戸市長田区二葉町4-6-9

神戸市長田区二葉町4-6-9