「第25回神戸ルミナリエ」を見てきた!~希望の光に導かれて、25年~ 開催は12月15日(日)まで! #ルミナリエ #旧居留地 #神戸観光 #神戸ルミナリエ #神戸 #阪神淡路大震災 #2019年

この記事のURLとタイトルをコピーする

2020年7月17日イベント

「第25回神戸ルミナリエ」観覧してきた!

神戸の冬を彩る「第25回神戸ルミナリエ」。2019年は12月6日(金)~12月15日(日)の10日間で開催中、観覧してましたので、写真でご覧ください。

写真で歩く「神戸ルミナリエ2019」

会場は、元町から三宮方面に向けて一方通行となっています。約30分程度並んで歩くと、ルミナリエのスタート地点「浪花町筋交差点」に到着しました。玄関作品の「フロントーネ」は、圧巻の美しさですね。

京町筋交差点までの約50メートルには、

光の壁掛け「スパッリエーラ」が続きます。

さらに東側に進むと、

明るく鮮やかな回廊状の作品、

「ガレリア」が配置されています。

今回は伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」として、1995年第1回作品をイメージした、白熱電球による壁状の作品(スパッリエーラ)が登場。あたたかい光の作品を観覧することが出来ます。華やかなデザインと色合いはLEDにはかないませんが、シンプルなデザインとぬくもりが印象的で、白熱電球はいいな、と改めて感じました。

東遊園地の広場には、毎年設置されている「光の聖堂(カッサアルモニカ)」高さ約21メートルもの巨大なドーム状の作品で、ここが1番華やかで人が多く集まる場所ですね。

東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」には、「震災語り部ブース」が開設されています。会場では「一人100円募金」を実施、こちらもぜひご協力頂けたら幸いです。あれから25年、今年もありがとう。これからも神戸の街とともに。

【日時】
2019年12月6日(金)~12月15日(日)の10日間

【有料無料の区分】
無料




【場所】

住所:神戸市中央区加納町6丁目、他

旧外国人居留地および東遊園地



この記事のURLとタイトルをコピーする