神戸市 水の科学博物館が2020年10月1日より休館へ #神戸 #神戸市水の科学博物館 #神戸観光 #近代建築 #河合浩蔵

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

神戸市 水の科学博物館が2020年10月1日より休館へ

神戸市 水の科学博物館2020年10月1日より休館されるということで、神戸市 水の科学博物館WEBサイトで発表がありました。

>>>【※ご参考】神戸市 水の科学博物館で「さくらフェア」を楽しんできた!

情報の引用参照:神戸市 水の科学博物館WEBサイト

神戸市 水の科学博物館についてのご紹介

水の科学博物館の建物は、「神戸地方裁判所」「海岸ビル」などの設計も手がけた河合浩蔵によるものです。「奥平野浄水場旧急速ろ過場上屋」を「水の科学博物館」として保存活用したもので、ドイツルネッサンス風、重厚かつ優美な外観が特徴です。日本建築学会から保存要請を受けるなど、価値の高い建築物であり、国の登録有形文化財、神戸市の景観形成重要建築物としても有名です。

>>>【※ご参考】神戸・中央区の優雅な「近代建築」を一挙にご紹介!

館内は体験型の展示が多く、新型コロナウイルスの感染防止が難しいと判断したため、残念ながら休館という流れになったそうです。
文化的価値が高く、大変美しい近代建築の建物ですので、今後も何らかのかたちで活用して頂きたいですね…。

【名称】
神戸市 水の科学博物館が2020年10月1日より休館へ
【営業日・営業時間】
※新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するため、8月18日(火)以降、屋外(博物館前庭・芝生広場等) のみのご利用とさせていただきます。
【連絡先】
078-351-4488
【Webサイト】

神戸市 水の科学博物館WEBサイト

【場所】

住所:神戸市兵庫区楠谷町37-1

神戸市 水の科学博物館

市営地下鉄大倉山、県庁前駅より徒歩15分


この記事のURLとタイトルをコピーする