神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」の特別観覧が、2020年11月2日(月)~11月9日(月)まで開催されるよ!【※要事前申込】 #旧乾邸 #渡邊節 #近代建築 #阪神間モダニズム #東灘区

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポット情報, 東灘区とは

「旧乾邸」特別観覧で阪神間モダニズムを体感

神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」2020年11月2日(月)~11月9日(月)特別観覧が開催されます。(※事前に往復はがきで申し込みが必要【申し込み期間は9月24日(木)~10月15日(木)消印有効。抽選】)
映画やドラマの撮影でもよく使われる「旧乾邸」、この機会に、歴史的な近代建築を堪能してね♪

情報の引用参照:神戸市広報サイト「神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧開催」

>>>【※ご参考】「旧乾邸」特別観覧に参加してみた!

「旧乾邸」についてのご紹介

旧乾邸は、昭和11年頃、乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の自宅として、旧住吉村(現在の東灘区の一部)の山麓部に建築されました。設計者は建築の名手として名を馳せた渡邊節氏。洋風を基調としながら巧みに和洋を折衷し、重厚さの中に繊細なデザインを取り込んでいる旧乾邸は、渡邊氏の代表作とも言われています。阪神間モダニズムを象徴する大邸宅の風格がよく伝わる主屋や土蔵、さらに当時の姿を残す庭園などは非常に貴重なものであり、門や塀も含め建物全体が神戸市指定有形文化財に、また、庭園も一部を除いて神戸市指定名勝となっています。(※文章は、神戸市広報サイトより引用しています)

※申込の詳細は、神戸市広報サイト「神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧開催」でご確認ください。

神戸観光でおすすめホテルはこちら!

【名称】
「旧乾邸」2020年11月2日(月)~11月9日(月)に特別観覧の実施
【営業日・営業時間】
※各日とも、①10時~②14時~の2回制
【連絡先】
【Webサイト】

神戸市広報サイト「神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧開催」

【場所】

住所:神戸市東灘区住吉山手5丁目1-30

神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」

・阪急御影駅から北東へ徒歩約15分
・阪神御影駅またはJR住吉駅から市バス38系統(渦森台行)
「白鶴美術館前」下車南西へ徒歩約2分


この記事のURLとタイトルをコピーする