湊川の「ミナイチ」が2019年3月末で営業終了、解体される前に行ってきた! #ミナイチ #湊川公設市場 #兵庫区 #神戸新鮮市場 #閉店情報 #平民金子 #湊川公園

「ミナイチ」が2019年3月末で営業終了、その前に行ってきた!

「湊川公設市場」を前身とする市場のひとつ「ミナイチ」が、2019年3月末で営業終了との発表がありました。建物の老朽化や、組合員の高齢化などの影響を受け、建物は来年夏をめどに解体され、その後は民間の建物として再整備される予定と知り、雰囲気を写真におさめてきました。

引用参照:神戸新聞NEXT「前身から100年 庶民の台所ミナイチ営業終了へ」

【※ご参考】湊川協同組合ビル、再整備事業協力は和田興産に

写真で見る「ミナイチ」の世界

「ミナイチ」の愛称で親しまれている湊川協同組合は、大正7年に神戸で最初の公設市場として誕生。戦火で焼失後、昭和23年に湊川市場として再開して昭和45年には10階建ての高層ビルとなり、地下、地上1・2階を湊川市場とする「ミナイチ」としてオープンしました。

冷房設備、エスカレーター、エレベーターを備えた、当時としては最先端の市場で、多くの人で賑わいました。
生鮮食料品から衣料雑貨の店舗に加えて食事処や喫茶店もあり、小規模ながら現在のショッピングモールの走りといえます。

文章の引用参照:ミナイチWEBサイト「ミナイチの歴史」

閉店される店舗が多い中、移転先が決まっている店舗もあるようです。

「ミナイチ」から商店街のアーケードを出て、

外観を眺めると、上が住宅棟になっています。

大通りに面した入口付近には、

住宅の案内図がありました。

神戸市と協議を進めながら、今後は民間建物として再整備が実施される予定です。(事業協力者:和田興産株式会社)

画像の引用参照:神戸市広報サイト「湊川協同組合ビルの再整備を行う事業協力者の決定」

【※おすすめ】東山商店街と湊川界隈の散策レポ

※湊川周辺での食べ歩きの魅力は、平民金子さんの「ごろごろ、神戸2」

「第6回 隧道は今日もすいとう、という話」
「第16回 一時間で神戸案内」
「第33回 商店街の神様」 あたりがおすすめ。こちらもぜひどうぞ。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「ミナイチ」の世界を写真でご紹介
【営業日・営業時間】
※2019年3月末で営業終了となります。
【連絡先】
【Webサイト】

ミナイチWEBサイト:「ミナイチ」へようこそ

【場所】

住所:神戸市兵庫区荒田町1丁目3番、他

ミナイチ

神戸市営地下鉄「湊川公園」駅、神戸高速鉄道「湊川」から徒歩約3分


この記事のURLとタイトルをコピーする