東灘ジャーナル

「尼崎城」が完成し、2019年3月29日(金)から一般公開スタート!その前に外観を見てきた! #尼崎城 #尼崎市 #旧ミドリ電化 #お城好き #歴史好き

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「平成最後の築城」尼崎城の外観を見てきた!

阪神電鉄尼崎駅の南東に「尼崎城」が完成し、家電量販店の旧ミドリ電化(現・エディオン)創業者の安保詮さんが尼崎市に寄贈されました。2019年3月29日(金)から一般公開ですが、先に外観を見てきました。かつての尼崎城址とともに、写真でご紹介します。

「尼崎城」とは?

尼崎藩主戸田氏鉄(うじかね)の居城として400年前に築城され、明治維新後の廃城令で建物は取り壊されました。跡地には小学校が建てられ、その姿は残っていません。「尼崎に恩返しがしたい」と、旧ミドリ電化(現・エディオン)創業者の安保詮さんが城の再建を提案し、今回実現しました。城は鉄筋コンクリート造りの5階建、元々あった場所から約300メートル程離れていますが、外観や寸法は江戸時代の図面を基に再現されています。内部には、尼崎の街と城の歴史を紹介する体験型の展示が併設される予定です。

「尼崎城」の場所はこちら

阪神尼崎駅から庄下川に沿って南東へ。

周辺には「尼崎城プロジェクト」の旗が掲げられていました。

開明橋を渡り、尼崎市立中央図書館が見えてきました。この建物の東隣に「尼崎城」があります。

「尼崎城」の外観はこんな感じです

お城の外観は完成し、その様子がこちら。

尼崎市立中央図書館の入口付近に撮影スポットが設置されていますので、ぜひご活用ください。

城の周辺は、これから整備される模様です。

上から見ると、かなり広い敷地ですね。

せっかくなので、元々のお城があった場所にも立ち寄ってみましょう。

「尼崎城址」にも立ち寄ってみた!

約300メートル程南東にある明城小学校の横に、かつての城址があります。

今回築城された「尼崎城」は、2019年3月29日(金)から一般公開予定、(一般・学生500円、生徒・児童250円)。おすすめの城めぐりの本はこちら。

※一般公開日を含む3日間は、城址公園内や尼崎城周辺エリアで開城記念イベントが開催される予定です。この機会にぜひ立ち寄ってみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
尼崎城
【営業日・営業時間】
※一般公開日 :2019年3月29日(金)からスタート!
【連絡先】
【Webサイト】

尼崎市広報サイト「尼崎城の開城式典・一般公開日が決まりました!」

入城料:一般・学生500円、生徒・児童250円

【場所】

住所:兵庫県尼崎市北城内

尼崎城

 


この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事