東灘ジャーナル

神戸北野異人館・風見鶏の館で「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」が8/31まで開催中!神戸のええとこをダブルで見学してきた! #神戸北野異人館 #風見鶏の館 #神戸観光 #青山大介 #鳥瞰図 #神戸今昔鳥瞰図展 #近代建築

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

reload

スポンサーリンク

風見鶏の館で開催「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」

神戸北野異人館・風見鶏の館「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」8/31まで開催されています。港町神戸の“今昔”を描く鳥瞰図絵師・青山大介さんの原画や、鳥瞰図を描く様子を紹介した解説パネルが展示されていると知り、見学してきました。美しい異人館建築とともに、その様子を写真でご紹介します。

神戸北野異人館・風見鶏の館とは

「風見鶏の館」とは、かつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏(G.Thomas)が自邸として建てた建物です。北野・山本地区に現存する異人館の中で、れんがの外壁の建物としては唯一のもので、色鮮やかなれんがの色調、石積みの玄関ポーチ、2階部分のハーフ・ティンバー(木骨構造)など、他の異人館と異なった重厚な雰囲気をもっています。また尖塔の上に立つ風見鶏はよく知られ、国の重要文化財として、さらには北野町の象徴として欠かせない存在になっています。
室内の意匠は、全体にドイツ伝統様式を取り入れながら、19世紀末から20世紀初頭にかけて新しい芸術運動(アール・ヌーヴォー)の動きを感じさせるものがあります。建物の設計に当たったのは、ドイツ人建築家 ゲオルグ・デ・ラランデ(G.de.Lalande)で、明治30年代後半から大正初期にかけて日本で活躍した建築家です。(※文章は、風見鶏の館WEBサイトより引用しています)

風見鶏の館 外観について

風見鶏の館をサイドから撮影した様子がこちら。

色鮮やかな赤れんがの色調、石積みの玄関ポーチなど、目にも美しい旧トーマス住宅です。

1階に玄関ホール・応接間・居間・食堂・書斎があり、2階には夫婦の寝室・子供部屋・客用寝室・朝食の間などがあります。半円の窓の造りも凝っていますね。

風見鶏の館 美しい内部の様子

飛ぶ鳥の目線で描かれた「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」は館内2階で開催中。(※風見鶏の館の入館料は、500円となっています。)

背の高い飾り扉を開き玄関ホールへ。

ホール右手側には、書斎があります。

左手には居間が広がり、

ちょっとした撮影スポットも用意されています。

1階のベランダには、トーマス家の写真が展示されています。明るいサンルームのような感じですね。

ベランダの奥には、広い窓と

大きな暖炉があり、

食堂になっていました。中世城館風の天井小梁や、飾り戸棚のデザインが重厚で美しいですね。

今度は2階へ上がってみましょう。

晴れの日は大阪湾まで見渡せるほどの景色が楽しめるという朝食の間があり、

1階と同じく、2階にもベランダがあります。この奥は寝室ですが、現在はおみやげショップになっていました。

こちらはホールに飾られていた風見鶏、塔上にある実寸サイズのレプリカです。風見鶏はその名の通り、風向きを知る役目をもっていますが、雄鳥は警戒心が強いことから魔除けの意味や、またキリスト教の教勢を発展させる効果があるといわれてきました。

懐かしいポスターや、新井晴みさんのサインがありました。ハインリヒ・フロインドリーブ(フロインドリーブ創業者)をモデルに描かれたNHK連続テレビ小説「風見鶏」が有名で、ドラマの解説板が建物外に設置されていますが、ドラマの主人公たちが建てた家でも、暮らした家でもなく、風見鶏の館とはモデル関係にはないそうです。ですが、この作品がきっかけで「異人館ブーム」が起き、神戸の異人館が一躍有名になりました。

ヴォーリズの設計で有名な「フロインドリーブ 本店」のカフェで、サンドイッチを食べてきた! #近代建築 #旧神戸ユニオン教会 #フロインドリーブ #ヴォーリズ

最後に子供部屋で開催の「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」へ。鳥瞰図絵師・青山大介さんの手書きで描かれた貴重な原画や、鳥瞰図を描く手順などが分かりやすくパネルで展示されています。雰囲気をお伝えするために、ちらりと遠目で。(※原画は貴重な作品ですので、撮影は禁止されています)
8月31日(金)まで開催されていますので、この機会にぜひ風見鶏の館に立ち寄ってみてね♪

こちらもおすすめ!北野異人館「萌黄の館」

神戸北野異人館にある「萌黄の館」を見学、べっぴんさんの世界を訪ねてみた! #神戸北野異人館 #萌黄の館 #べっぴんさん #近代建築 #神戸観光

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸北野異人館・風見鶏の館「神戸今昔鳥瞰図展 鳥の目で見る神戸今昔」開催のご案内
【営業日・営業時間】
9:00~18:00
【連絡先】
078-242-3223
【Webサイト】

神戸北野異人館・風見鶏の館WEBサイト

【場所】

住所:神戸市中央区北野町3-13-3

風見鶏の館

JR・阪急・阪神・地下鉄三宮駅下車 北へ徒歩15分

シティーループにて「北野異人館」下車徒歩5分

神戸市中央区北野町3-13-3

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事