東灘ジャーナル

神戸メリケンパークにある「神戸港震災メモリアルパーク」を見学したよ #阪神淡路大震災 #神戸メリケンパーク #防災学習

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

震災の爪痕をそのままに「神戸港震災メモリアルパーク」

神戸メリケンパークにある「神戸港震災メモリアルパーク」を見学しましたので、写真とともにご紹介します。

【※ご参考】防災学習は「人と防災未来センター 」へ

神戸・脇浜海岸通にある「 #人と防災未来センター 」へ見学に行ってきた! #阪神淡路大震災 #減災

「神戸港震災メモリアルパーク」について

「神戸港震災メモリアルパーク」は、港町神戸の象徴ポートタワーのそばにある、常時無料開放された屋外型見学施設です。1995年に起きた阪神・淡路大震災の爪痕をそのまま保存し、震災の記憶と復旧の記録を後世に語り続けています。(※文章は、市民防災ラボWEBサイトより引用しています)

「神戸港震災メモリアルパーク」のご紹介

「神戸港震災メモリアルパーク」は、神戸メリケンパークの東側にあります。

発災した5時46分をモチーフに、施設のコンセプトが描かれています。

震災から復興までの様子を映像で展示されており、メリケン波止場、および神戸港の被害の様子を学ぶこと出来ます。

モニターで、当時の状況を確認出来るコーナーもありました。

被災岸壁を見るために、東側へまわりこんでみましょう。

被災したメリケン波止場、崩れた岸壁、傾いた街灯などの一部が、そのままの姿で保存されています。実物の震災遺構を見ると、直下型断層地震の脅威を感じます。

メリケンパークにあり、24時間いつでも見学できる「神戸港震災メモリアルパーク」。機会があれば立ち寄ってみてくださいね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸港震災メモリアルパーク
【営業日・営業時間】
※常時開放しています
【連絡先】
【Webサイト】

市民防災ラボWEBサイト「神戸港震災メモリアルパーク」

【場所】

住所:神戸市中央区波止場町2-2

神戸メリケンパーク内東側

神戸市中央区波止場町2-2 

この記事のURLとタイトルをコピーする