東灘ジャーナル

神戸の農産物が楽しめる常設ショップ「ファームスタンド」が北野坂にオープン!早速立ち寄ってみた! #イートローカル神戸 #ファームスタンド #神戸北野坂 #新規オープン #地産地消

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

神戸の旬が毎日楽しめる「ファームスタンド」が北野坂にオープン!

神戸の農産物が楽しめる常設店舗「ファームスタンド」3/31に、神戸・北野坂にオープンしたと知り、立ち寄ってみました。その様子を写真でご紹介します。

「ファームスタンド」とは

毎週から毎日へ ー 「FARMSTAND」

三宮・東遊園地でほぼ毎週土曜に開催している 「EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET」 は、街の朝市として少しずつ定着しはじめました。でも、週に1回・3時間だけで地産地消を日常に取り入れるのはまだまだ難しい。そういった考えから生まれたのが、毎日地産のモノを手にとっていただける場所が「FARMSTAND」です。
「FARMSTAND」 では、神戸産の農産物はもちろん、ファーマーズマーケットでは提供するのが難しかった海や 牧場からのローカルフードも取り扱っています。また、コーヒー・クラフトビールや神戸野菜を使ったご飯 なども楽しんでいただけるカフェスペースもございますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。(※文章は、EAT LOCAL KOBEのWEBサイトより引用しています)

【※ご参考】「FARMERS MARKET」 とは

土曜日の朝、9:00~12:30 神戸の東遊園地で開催されている「FARMERS MARKET」地産地消を応援する朝ごはんもあり、神戸市各地から、毎回いろんな農家・漁師が参加。様々な人が公園の木々の下や芝生の上で、生産者との会話を楽しみながらお買い物できる街の朝市です。

「ファームスタンド」ショップの外観

各線三宮から徒歩約12分。北野坂の中心に位置する路面スペースで、「コミュニティー協力型ファームショップ」として3/31オープンしました。

朝市では難しかった、海からや牧場からのローカルフードも勢揃い!木の質感を活かしたナチュラルな外観が目印です。

イートイン・スペースもあり、ランチ&カフェとしての利用も可能です。では早速店内へ入ってみましょう。

「ファームスタンド」ショップ内の様子

店内には、加工販売スペース、食事会や教室などのイベントを開催する場などがあり、「農家の活動の多様化」へ積極的に取り組まれています。

神戸市内の若手農家の野菜を中心に、海や牧場からの恵み、取り組みに共感してくれる食の事業者の商品など、オリジナルグッズが並んでいます。

神戸で取れた野菜を求めて、地元の方も多く立ち寄る「野菜コーナー」。

大きな愛宕梨(あたごなし)もありました。これは珍しいですね。

食材の廃棄を減らすため、可能な限りの野菜を調理し、その場で食べてもらえるイートイン・スペースも奥にありました。「家庭料理のようなものを提供する」をコンセプトに、野菜たっぷりのランチが人気だそうです。

ソフトクリームやカフェメニューもあり、北野散策のブレイクにもおすすめです。

神戸の農漁業PRと地産地消推進の先駆けとしてオープンした「ファームスタンド」。あなたもぜひ立ち寄ってみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
ファームスタンド(FARM STAND)
【営業日・営業時間】
9時 〜 18時
【連絡先】
【Webサイト】

EAT LOCAL KOBEのWEBサイト

【場所】

住所:神戸市中央区山本通 1-7-15

神戸市中央区山本通 1-7-15

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする