神戸国際会館11階にある屋上庭園「そらガーデン」でリフレッシュしてきた! #そらガーデン #プラントハンター #西畠清順 #神戸国際会館

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

プラントハンター 西畠清順さん渾身のプロデュース「そらガーデン」

「世界一のクリスマスツリー」で話題となった、プラントハンター 西畠清順さんがプロデュースされた「そらガーデン」神戸国際会館11階にあると知り、立ち寄ってきました。写真で庭園の様子をお楽しみ下さい。

「世界一のクリスマスツリー」の見学と、ほぼ日の糸井重里さん× 西畠清順さんのトークイベントの様子はこちら

プラントハンター 西畠清順さんについて

幕末より150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目。日本全国・世界数十ヵ国を旅し、収集している植物は数千種類。 日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。 2012年、ひとの心に植物を植える活動”そら植物園”をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。 著書に教えてくれたのは、植物でした: 人生を花やかにするヒントそらみみ植物園はつみみ植物園など。

「そらガーデン」とは

「そらガーデン」は、神戸国際会館創立60周年を記念したプロジェクトの一環として、2015年4月にリニューアルされました。約800平方メートルの敷地に、シンボルツリーである「オリーブ」を中心とした「神戸の楽園」をコンセプトに、世界中の植物に出逢える庭園です。

「そらガーデン」の場所はこちら

神戸国際会館11階まで、西エレベーターで上がりましょう。

入場無料10時~21時まで庭園を観覧することが出来ます。

「そらガーデン」の様子

ウッドデッキが、回廊のように続いています。上からの植物も観賞できますよ。

たくさんの植物が、ぐるりと庭園を囲んでいます。

オリーブオイルを貯めるために使われていた壺(200年程前)もディスプレイされています。面白いですね。

平和と繁栄の象徴 そらガーデンの「シンボルツリー」

平和と繁栄の象徴とされる、オリーブのシンボルツリーがあります。こちらはなんと樹齢500年!スペインから輸入したものだそうです。

「そらガーデン」でゆったりと植物に囲まれ、都会の気分転換を楽しんでね♪

【名称】
そらガーデン(神戸国際会館11階)
【営業日・営業時間】
開園時間:10:00-21:00 ※荒天時は閉鎖
【連絡先】
078-230-3199
【Webサイト】

そらガーデン(神戸国際会館)

【場所】

住所:神戸市中央区御幸通8-1-6

神戸国際会館11階 「そらガーデン」

神戸市中央区御幸通8-1-6

この記事のURLとタイトルをコピーする