【未来のスマスイ!】須磨海浜水族園・海浜公園一帯を再整備する優先交渉権者が決定!2024年の開業を目指す #須磨海浜水族園 #スマスイ #海浜公園 #須磨区 #神戸 #シャチ

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

未来のスマスイは「シャチ」がやってくる!

開園から30年以上が経つ須磨海浜水族園の建て替えを機に、海浜公園がより豊かな時間を過ごすための場となり、須磨海浜公園エリア全体の魅力を向上させるものとなることを目的として、民間事業者の公募を行ったところ、株式会社サンケイビルを代表とした企業グループ「神戸須磨Parks + Resorts共同事業体」に優先交渉権者が決まったと、神戸市広報サイトで発表がありました。

画像と文章の引用参照:神戸市広報サイト「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定」

提案の概要と施設の特徴について

【水族館】
・幅広い生物展示及び体験プログラムに加え、強い集客力を持つシャチのパフォーマンスが提案されており、年間 200 万人の集客目標の達成が期待できる。
・各分野の研究者と連携した「神戸保全繁殖センター」の設立によって、研究活動を基にした種の保存や教育といった、水族館の果たす社会的役割が期待できる。
・海を望むようにショースタジアムが配置されるなど、周辺環境を活かした施設配置となっている。

【宿泊施設】
・水族館併設ならではの機能を有し、市内の他の宿泊施設との差別化が図られている。
・海への眺望を確保した施設配置や、客船をモチーフとした外観デザインなど、須磨エリアの特色を施設の魅力に取り入れている。
・全国で展開している自社グループのホテルとの相乗効果が期待できる。

神戸市広報サイト「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定」、および「施設ごとの整備・運営計画」より一部抜粋

未来のスマスイ 施設のイメージ図がこちら

未来のスマスイは、水族館でのシャチ展示や、新設されるホテルではイルカとの触れ合いエリアがあったりと、見どころが満載!水族館への入場料金は、大人3100円、小人1800円を予定。西日本最大級の施設になるそうです。

神戸市広報サイト「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定」、および「事業イメージ」より

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定と事業イメージ
【営業日・営業時間】
午前9時~午後5時  休館日:12月~2月の水曜(3月~11月は無休)
【連絡先】
078-731-7301
【Webサイト】

神戸市立須磨海浜水族園WEBサイト

神戸市広報サイト「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定」

【場所】

住所:神戸市須磨区若宮町1-3-5

神戸市立須磨海浜水族園

JR「須磨海浜公園」駅から南へ徒歩5分


この記事のURLとタイトルをコピーする