東灘ジャーナル

神戸メリケンパーク「世界一のクリスマスツリー」の見学と、ほぼ日の糸井重里さん× 西畠清順さんのトークイベントに参加してきた! #世界一のクリスマスツリー #プラントハンター #ほぼ日 #糸井重里

calendar

スポンサーリンク

糸井重里 × 西畠清順 対談トークイベントに参加してみた!

神戸メリケンパーク「世界一のクリスマスツリー」12月4日(月) 16:00~『糸井重里 × 西畠清順 対談トークイベント』が開催されました。会場とツリーのライトアップを写真でお伝えします。

糸井重里(いとい しげさと)さんとは

糸井重里(いとい しげさと)

1948年群馬県生まれ。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。1971年にコピーライターとしてデビュー。「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などの広告で一躍有名に。また、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、幅広いジャンルでも活躍。1998年6月に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げてからは、同サイトでの活動に全力を傾けている。

「ほぼ日刊イトイ新聞」WEBサイトはこちら

「世界一のクリスマスツリー」イベント会場の様子

まずはメリケンパーク設置されている「オフィシャルインフォメーションセンター」へ。こちらでは、オーナメントの購入や、植物についての展示がありました。

今回の対談イベントは、事前に整理券が配られ、無事にゲット!

イベントスペースには、切り株のイスとベンチがセットされています。

お隣のブースでは、神戸にちなんだお店やカフェが出店されていました。

こちらは、ほぼ日手帳がずらりと並んでいます。大きく分けると4タイプの種類があり、文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、週間タイプの「weeks」、英語版の「Planner」。また、新アイテム「ほぼ日5年手帳」もありました。気分にあわせてカバーを付け替えられるのがいいですね。

育てるクリスマスリースや、話題のアースボール、季節限定の商品もありました。

写真OKのマークがあるエリアのみ、撮影が可能となっています。

トークイベントは16時よりスタート!会場は満席で、立ち見の方もいらっしゃいました。あすなろの木を、根をつけたまま運んできた理由や、イベント後の活用予定、プラントハンターとしての生き方など、これまで語られなかった内容も多く盛り込まれていました。賛成・反対の立場もありますが、まずは見て感じてほしい、その思いに溢れたトークイベントでした。

「世界一のクリスマスツリー」の様子

お昼間のツリーの様子はこちら。オーナメントがリボンに結び付けられ、キラキラと光っています。

植物のトンネルがあり、夜になればライトアップを楽しむことが出来ます。

夜のツリーの様子がこちら。下からライトに照らされて、夜空でもはっきり見えます。

植物のトンネルはライトアップされ、幻想的な世界が広がっていました。

ライトアップ開催期間は12/26まで。クリスマスは、神戸で楽しむ「世界一のクリスマスツリー」をどうぞ。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2017年12月2日(土)〜26日(火)ツリー点灯時間:17:30~22:00 

【有料無料の区分】
無料

【金額】
観覧無料(展望台は有料)



【場所】

住所:神戸市中央区波止場町2

神戸メリケンパーク


神戸市中央区波止場町2

この記事をシェアする