神戸の「デザインマンホール」が大集合!東灘・魚崎南の東水環境センターへ見学に行ってきた! #デザインマンホール #神戸市 #東灘区 #マンホール #東水環境センター #東灘処理場 #神戸魚崎

この記事のURLとタイトルをコピーする

2019年10月2日スポット情報, 東灘区とは

「デザインマンホール」を見に行ってきた!

街中で市民が目にするマンホールを市民自らの手でデザインしてもらう企画、「マンホールデザインコンテスト」が、平成30年度に東灘区・長田区・垂水区の3区で実施されました。最優秀賞に選ばれた3作品について、神戸市内の他のデザインマンホールとともに、東灘・魚崎南町にある神戸市建設局 東水環境センターでも展示されていると先日ご紹介しました。見学に行ってきましたので、写真でお楽しみ下さい。

神戸市建設局 東水環境センターの場所はこちら

神戸市建設局 東水環境センターは、阪神青木駅、もしくは阪神魚崎駅から徒歩約15分程、瀬戸公園の南側にあります。

入口はこちらからどうぞ。

敷地内に入ったすぐの場所に、案内図とモニュメントがあります。

その左側が傾斜になっており、そのまま上に登ってください。

傾斜を上がると駐車場があり、その奥が管理棟の入口になっています。モグロー&もぐみの看板を目印にどうぞ。

「デザインマンホール」展示のご紹介

管理棟の建物に入ると、吹き抜けのホールが広がっており、その一角に「マンホール蓋 展示コーナー」が設けられています。こちらは予約なしで、平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)は見学可能です。

王子動物園有馬のロープウェーなど、神戸らしいデザインがいっぱい!
先日ご紹介した「だいすきこうべ」のマンホールもありました。

「Welcome to KOBE!」「みなとまち KOBE」、アーバンリゾート」のデザインも素敵ですね。

平成30年度に東灘区・長田区・垂水区の3区で実施された「マンホールデザインコンテスト」で、最優秀賞に選ばれた3作品がこちら。

各区の特徴が、イキイキと表現されていますね♪

その他にも、写真やパネルの展示があり、

同じフロアの「神戸 下水道の歩み館」では、下水処理の仕組みや役割について、分かりやすく展示されています。

「御影町」の町章をあしらったマンホールは、なんと神戸市に編入される以前に設置されたものだそう!歴史とともに味のあるデザインです。

東灘処理場の施設の見学予約制になっており、神戸のマンホールカードがもらえるそうで、こちらもぜひどうぞ♪

※詳細は、神戸市広報サイト「10.行ってみよう!見学施設 東灘処理場」で確認してね。

お時間あれば「水辺の遊歩道・うおざき」へ

管理棟を出たすぐ目の前に「水辺の遊歩道・うおざき」へと続くコンコースがあります。

内部はこんな感じ、歩いて渡ってみましょう。

小窓から眺める「魚崎運河」は、

鮮やかで豊かな世界が広がっています。

運河沿いには、春先にきれいな花を咲かせる「アーモンド並木」があります。

青々とした夏のアーモンド並木も、また爽やかですね。

見学の際は、こちらの遊歩道もぜひ散策してみてね♪

※ご参考:神戸市広報サイト「10.行ってみよう!見学施設 東灘処理場」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸市建設局 東水環境センターで「デザインマンホール」を見学してきた!
【営業日・営業時間】
平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・年末年始以外)
【連絡先】
078-451-0456
【Webサイト】

神戸市広報サイト「10.行ってみよう!見学施設 東灘処理場」

神戸市広報サイト「東灘区・長田区・垂水区のデザインマンホールが完成」

【場所】

住所:神戸市東灘区魚崎南町2丁目1-23

神戸市建設局 東水環境センター管理棟

阪神青木駅、もしくは阪神魚崎駅から徒歩約15分


この記事のURLとタイトルをコピーする