嘉納治五郎生誕地の石碑が御影・菊正宗酒造の本社横に設置されたよ! #嘉納治五郎 #柔道の父 #菊正宗酒造 #灘五郷 #東灘区 #いだてん #講道館 #近代建築 #柔道

この記事のURLとタイトルをコピーする

2019年1月5日スポット情報, 東灘区とは

嘉納治五郎生誕地の石碑が設置されたので見てきた!

「柔道の父」と呼ばれる嘉納治五郎の功績をたたえようと、生誕地の石碑が12/20、東灘区御影にある「菊正宗酒造」の本社横に設置されました。来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」嘉納治五郎が取り上げられるのを前に、写真でご紹介します。

「嘉納治五郎」とは

嘉納治五郎は、御影村浜東の出身で、講道館を創設した柔道の創始者です。日本人初の国際オリンピック委員を務め、幻となった1940年東京五輪の誘致を成功させました。東灘区にある、灘中・灘高の創設にも関わり、教育者としても尽力した人物です。

嘉納治五郎生誕地の石碑は、ここにあります

東灘・御影にある「菊正宗酒造」さんの本社がこちら。魚崎西町にある「菊正宗酒造記念館」から西へ徒歩約10分程、趣きのある近代建築の建物が目印です。

建物のすぐ脇の場所に、

生誕地の石碑が設置されています。御影石で作られた石碑は、高さが約1・4メートル、幅が2メートルあり、「嘉納治五郎翁生誕地」と刻まれています。

「菊正宗酒造記念館」の方のお話によると、嘉納治五郎が実際に生まれたのは、石碑から約200m程南東の場所、御影村浜東(現在の御影本町1)で、ちょうどこのあたりになるそうです。
東京五輪を前に、石碑を通じてさらに盛り上がるきっかけになれば良いですね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「嘉納治五郎翁生誕地」石碑の設置
【営業日・営業時間】
※常時開放しています。
【連絡先】
【Webサイト】

神戸市広報サイト「「嘉納治五郎翁生誕地」石碑 除幕式の開催

【場所】

設置場所:神戸市東灘区御影本町1-7-15

菊正宗酒造株式会社 本社横


この記事のURLとタイトルをコピーする