東灘ジャーナル

六甲アイランドまで歩いて海を渡ってみた! #東灘区 #六甲アイランド #六甲大橋 #ウォーキング

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

南魚崎から六甲アイランドまで歩いて海を渡ってみた!

六甲アイランドまで歩いて海の上を渡ってみたい!」そんな思いが沸き起こり、実際に歩いて渡った様子を写真でご紹介します。

まずは、六甲ライナー「南魚崎」駅からスタート!

六甲ライナー「南魚崎」駅からスタート!駅のエレベーターで5階「東部第2工区出口」まで上がりましょう。

エレベーターを降り、案内板に沿って進んでいくと、

連絡橋のような、長いデッキがあります。

デッキの下には運河が流れています。それを眺めながら進んでいくと、

エレベーターがありました。5階からスタートした筈なのに、ここでは3階になっていました(?)そのまま乗って1階まで降りてみましょう。

エレベーターから降りると、こんな感じ。結構高いですね!

いよいよ歩いて「六甲大橋」を渡ってみた!

西側に道がありますので、そのまま南へ進みましょう。前方に「六甲アイランド」の看板と、右手に「六甲大橋」の茶色い歩道が見えてきました。

横断歩道を渡り、「六甲大橋」の茶色い歩道へ。(※原付は通行禁止です)

緩やかな上り坂を上ると、西側に車両道路、上には六甲ライナーが走る「六甲大橋」が続いています。

橋長400m、世界初のダブルデッキ連続トラス式斜張橋です。

こんな風に海を眺めながら、爽やかにウォーキングが楽しめます♪

海の向こうには「さんふらわあ」が停泊していました。以前ご紹介した「フェリーターミナル」が、ちょうどあそこになりますね。

神戸・六甲アイランドにある「フェリーターミナル」を見学してきた! #さんふらわあ #阪九フェリー #六甲アイランド

車両道路を挟んで向かい側の景色は、いかにも神戸港って感じです。

「六甲大橋」を10分少々歩き、六甲アイランドに到着しました。横断歩道を降りると、前方に六甲ライナーの「アイランド北口」駅があります。前回訪問した「神戸市立小磯記念美術館」のすぐ近くですね。

神戸市立小磯記念美術館:特別展「描かれた花々ー小磯良平の植物画を中心にー」を鑑賞したよ【神戸東灘アートマンス対象】

海の上を歩いて、無事に六甲アイランドに着くことができました。南魚崎駅から徒歩で約30分、眺めを楽しみながら、天気の良い日に歩いてみてね♪

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
六甲アイランドへ歩いて渡ってみた!
【営業日・営業時間】
【連絡先】
【Webサイト】
【場所】

住所:神戸市東灘区住吉浜町

六甲大橋


この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事