神戸の都心~ウォーターフロント間を走る連節バス等運行予定事業者は「神姫バス」に決定! 2021年4月からの本格運行を目指します! #連節バス #神姫バス #公共交通システム #神戸 #新サービス

この記事のURLとタイトルをコピーする

ニュース

連節バスの運行予定事業者は「神姫バス」に

神戸の都心~ウォーターフロント間における回遊性や都市魅力の向上に向けて、連節バス等の運行予定事業者を選定した結果、「神姫バス株式会社」に決まったとの発表がありました。2021年4月からの本格運行開始を目指します。

文章の引用参照:神戸市広報サイト「都心~ウォーターフロント間における連節バス等運行予定事業者募集選定結果」

【※過去参考記事】「連節バス」の社会実験

神戸市では、過去2回に分けて、連節バスを運転する社会実験を行ってきました。その際も「神姫バス」さんが担当でした。

連節バスの運行における「基本コンセプト」

1.アクセスの充実と利便性の向上
ウォーターフロントへのアクセス拠点は神戸市の玄関口である“新神戸駅”のほか、交通結節点である“三宮駅”“神戸駅”とし、お客様に分かりやすくご利用しやすいダイヤを設定いたします。

2.他者との連携強化
賑わいあるまちづくりには徒歩等で移動しやすく、また多様な交通モードを組み合わせることが必要です。提案路線においては、シティー・ループコベリンとの乗換拠点を設けて、市内中心部での移動をスムーズにすることをはじめ、支払い決済においても他交通機関との共通化や沿線商業施設とのタイアップを図ることにより、公共交通機関を利用して神戸のスポットをより多く巡るシステムを構築いたします。これにより神戸市中心部への過度なクルマの流入を抑制し、環境負荷の軽減を目指します。

3.バリエーション豊富な車両の導入
みなとまち神戸に相応しく、洗練された都市空間を肌で感じていただくことを念頭に、鮮やかなラッピングを施した“連節バス”のほか、オープントップバス“SKY BUS(スカイバス)KOBE”、さらに一般路線バスを改良した“観光用特別車両”3種類のラインナップをご用意し、乗ることを目的とした、繰り返しご利用いただける車両を導入します。また、キャッシュレス時代に対応した運賃決済システムを取り入れ、県内外のみならず訪日外国人の方々にもご利用しやすいバスを目指します。

【※参考】乗るのが楽しい「スカイバス神戸」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする