東灘ジャーナル

神戸・灘区にある沢の鶴本社工場&資料館で3/17(土)「第10回 蔵開き」が開催されるよ! #沢の鶴 #蔵開き #神戸市灘区

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

入場無料!毎年恒例の「沢の鶴 蔵開き」の開催

神戸・灘区にある沢の鶴本社工場&資料館で3/17(土)「第10回 蔵開き」が開催されます。地域の皆様と酒文化を楽しむために、沢の鶴をまるごと開放!「瑞宝蔵(ずいほうぐら)」の見学はもちろん、ステージではワタナベフラワーによるライブもあり、大人も子どもも楽しめる「蔵開き」になっています。どうぞふるってご参加下さいね。

【ガッツリと「沢の鶴」見学レポはこちら】

神戸・灘の「沢の鶴資料館」を散策したよ【※灘の酒蔵探訪バス感想あり※】

広場でのイベントについて

SHUSHU BAR(有料)
大人気!カジュアルに楽しめる純米酒”SHUSHU”の世界観をお楽しみください。
高級酒有料試飲
兵庫県産山田錦100%で仕込んだ「金賞受賞酒」等
物販コーナー
蔵開き限定品、福袋(限定350袋)他
飲食コーナー
お酒、焼きそば、焼き鳥、豆ご飯、粕汁、どて煮、枝豆
※飲食メニューは予告なく変更する場合があります。
キッズコーナー
千本つり、スーパーボールすくい
景品引換 12:00~15:10
受付でお配りする三角くじに1等から5等の当たりの出た方には景品を!

ステージイベントの演目


11:50~ 樽菰巻きの実演
12:20~ 音曲パラダイスショー「ケセランぱさらん」
13:00~ オープニングのご挨拶 鏡開き~樽酒の振舞い~(300名様限定)
13:45~ ワクワクロックンロールバンド「ワタナベフラワー」
14:15~ サックス演奏
14:40~ 酒造り唄(沢の鶴酒造り唄研究会)

酒蔵見学について(11:30~14:30)

四季醸造蔵「瑞宝蔵(ずいほうぐら)」の見学
※自由見学
※収容人数の都合上、入場を制限させていただく場合がございます。

沢の鶴資料館(10:00~16:00)

福袋販売
限定200袋の資料館オリジナル福袋です。
酒蔵クイズ
クイズに参加された方、先着300名様に粗品を進呈します。
室内弦楽ミニコンサート
「アンサンブルかぶとやま」による弦楽ミニコンサート♪
1部:11:30~12:00   2部:13:00~13:30
出張販売コーナー
浪速昆布・美吉堂本舗(季節の和菓子)

(※文章は、沢の鶴蔵開きWEBページより引用しています)

沢の鶴の社長、西村隆治さんの著書:「灘の蔵元三百年 国酒・日本酒の謎に迫る」のご紹介

筆者:西村隆治(にしむら たかはる)

1945年生まれ。67年京都大学法学部卒。73年同大学院法学研究科博士課程卒。同年文部教官京都大学法学部助手。沢の鶴株式会社入社後、79年常務取締役。84年より代表取締役社長。
沢の鶴の社長:西村隆治さんが、日本酒の作り方から、味わい方、健康増進効果、日本酒業界の現状と今後の課題まで多岐にわたって執筆された一冊です。蔵元ならではの知識と世界観を一挙に味わうことが出来ます。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
平成30年3月17日(土) (開門11:30) 11:30~15:30 【※雨天決行】

【有料無料の区分】
無料


【※注意事項】
※会場・資料館及び周辺には駐車場がございませんので、お車でのご来場は固くお断り申し上げます。※未成年者及び運転者(自動車・自動二輪・自転車等)の方の飲酒は、法律で禁止されています。飲酒運転は絶対にやめましょう。

(画像はWEBサイトよりお借りしています)

【場所】

【開催場所】
沢の鶴本社工場 および 沢の鶴資料館

【住所】
沢の鶴本社工場:神戸市灘区新在家南町5丁目1番2号
沢の鶴資料館:神戸市灘区大石南町1丁目29番1号

【アクセス】 阪神本線「大石駅」から南へ徒歩約15分


神戸市灘区新在家南町5丁目1番2号

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする