【神戸ルミナリエ2021代替行事】「ロソーネ まちなかミュージアム」が12月3日〜12日まで開催!歴代の「ロソーネ」とパネルを観覧してきた! #神戸ルミナリエ #ロソーネ #ルミナリエ #ロソーネまちなかミュージアム

この記事のURLとタイトルをコピーする

2021年12月4日イベント

「ロソーネ まちなかミュージアム」の開催概要

神戸ルミナリエ2021年の代替行事として12月3日〜12日まで展示予定「ロソーネ」(ルミナリエ作品の一部)。神戸市内7カ所に展示する「ロソーネ まちなかミュージアム」の作品ご紹介と開催概要の発表があり、実際に点灯前に観覧してきました。

画像と情報の引用参照:神戸ルミナリエWEBサイト「神戸ルミナリエpresents「ロソーネまちなかミュージアム」について」

【※追加更新!】「ロソーネ」とパネル展示の様子がこちら

東遊園地にある慰霊と復興のゾーンでは、

1995年第1回作品の「ロソーネ」(AUGURIO)が展示されています。近くで見ると、かなり大きいですね!

昨年の代替事業(光の装飾~想いをつなぐために~)で設置された「希望のアーチ」が、昨年同様「1.17希望の灯り」に設置されていました。

東遊園地の工事に伴い、設置された工事壁には、

1995年第1回目~2019年第25回目までの、

作品ポスターが掲示されています。初期の頃はあたたかいオレンジの光でアーチがメインでしたが、次第に色彩が豊かになり、側面や天井のあるアーケード型に移り変わる様子がよく分かります。その変化を振り返ってみるのもおすすめですよ。

こちらは三宮センター街に展示されている1997年の「ロソーネ」(SOLE DEL SUD)。

太陽のように明るく照らしています。

歴史を振り返るパネル展もあり、各スポットでぜひチェックしてみてね。

光の装飾「ロソーネ」と実施内容について

「ロソーネ」とは、イタリア語で「バラ窓」を意味し、通常はアーチ型の作品「ガレリア」の最終地点に設置されています。

それぞれ、神戸朝日ビル、神戸ポートミュージアム南側緑地、三宮センター街、神戸南京町、東遊園地、元町通1丁目(HITODE交差点)、メリケンパークに設置を予定。あわせてこれまでの作品や歴史を振り返るパネル展示も実施されます。

またスマホ向けアプリの「Spot Tour」を使って7カ所をめぐるスタンプラリーも開催。全スポットを巡ってアンケートに答えると、抽選でルミナリエ限定グッズが当たるなどの企画もありますよ。

これまでの神戸ルミナリエの歴史や作品を振り返るポスターやパネル展示、また記念グッズの販売も予定。三密を避けながら、次回開催ヘの願いを込めてぜひご観覧下さい。

画像と情報の引用参照:神戸ルミナリエWEBサイト「神戸ルミナリエpresents「ロソーネまちなかミュージアム」について」

>>>【※ご参考】「第25回神戸ルミナリエ」~希望の光に導かれて、25年~(2019年開催分)

【日時】
2021年12月3日(金)~12日(日)

【有料無料の区分】
無料



※画像は、神戸ルミナリエWEBサイトよりお借りしています。

【場所】

※神戸朝日ビル、神戸ポートミュージアム南側緑地、三宮センター街、神戸南京町、東遊園地、元町通1丁目(HITODE交差点)、メリケンパークに設置を予定。



この記事のURLとタイトルをコピーする