暑い季節でも日本メーカー製のマスクは蒸れにくい!?3種類のマスクで着け比べてみた! #マスク #マスク比較 #新型コロナウイルス感染防止対策 #不織布マスク #ウレタンマスク

この記事のURLとタイトルをコピーする

2020年6月11日挑戦してみた!

夏到来!日本メーカー製のマスクは蒸れにくいのか?着け比べてみた!

新型コロナウイルス感染防止対策に、夏も必須となりそうな「マスク」。6月に入ると、蒸し暑く感じる日が多くなりました。今回は「日本メーカー製のマスクは蒸れにくいのだろうか?」という疑問から、実際に3種類のマスクで着け比べてみました。

今回着け比べたのは、日本メーカー製の3種類のマスク!

今回着け比べたのが、日本のメーカーさんから発売されているこちらの3種類。いずれもスーパーやドラッグストアでよく見かけるタイプのマスクです。

その1.「フィッティ® シルキータッチモア(7枚入)」タマガワエーザイ

まずは、タマガワエーザイさんから販売されている「フィッティ® シルキータッチモア 7枚入」。サイズはふつう、やや小さめ(ピンク・ホワイト)の2サイズがありますが、今回はふつうサイズで試してみました。

口元側のシルクのような肌ざわりのやわらかい素材に加え、外側にもなめらかな不織布素材を採用することで、肌ざわりがさらにやわらかく、着け心地の良さが特徴のマスクです。

1枚ごとの個別包装になっており、持ち運びにも便利ですね。

包装を開けるとこんな感じ、上部にノーズフィッターが付いており、下部に「Fitty」のマークが入っています。

耳にやさしい幅広のやわらかゴムを使用、痛くなりにくいんですよね。

肌触りの良い不織布を使用した立体プリーツ加工なので、圧迫感もなく顔にピッタリフィット!立体プリーツがなめらかに開くので、「息苦しさって何だったっけ?」と忘れてしまうような着け心地の良さですね♪
※商品の詳細は、タマガワエーザイWEBサイト「フィッティ® シルキータッチモア 7枚入」で確認してね。

その2.「超快適® 息ムレクリア BLACK(5枚入)」ユニ・チャーム

続いては、ユニ・チャームさんから出されている「超快適® 息ムレクリア BLACK(5枚入)」

このシリーズの特徴は、何といっても息ムレをのがす「内側メッシュガーゼ」付!不織布マスクの内側に、本物のメッシュガーゼが付いているんですよ!

包装を開けるとこんな感じ、上部にノーズフィッターが付いており、下部に「Unicharm」のマークが入っています。

不織布マスクの内側に、本物のメッシュガーゼが付いているので、口にあたる部分がムレにくく、肌触りもやわらかいんです♪

独自の「超息らくフィルタ」で息苦しさも少なく、

立体プリーツ加工もなめらかで、メンズにおすすめですよ♪

6mmの幅広ゴムを使用、耳が痛くなりにくいのも快適なポイントですね♪

※商品の詳細は、ユニ・チャームWEBサイト「ユニ・チャーム 超快適®マスク 息ムレクリアタイプBLACK」で確認してみてね♪

その3.「PITTA MASK LIGHT GRAY(3枚入)」アラスク

最後は、アラスクさんから発売されている「PITTA MASK LIGHT GRAY(3枚入)」

こちらの生地の特徴は、何といっても「ウレタンマスク」。全体的に伸縮性あり、何度か洗って使うことが出来ます。

パッケージから取り出した状態がこちら。

個別包装になっており、持ち運びに大変便利ですね♪

耐久性と伸縮性に優れ、着け心地が良いのが特徴の「ポリウレタン素材」

耳が痛くなりにくく、顔にピタっとフィットする感じですね。目が粗いので、異物を防ぐ性能はほこりや花粉といった限定的なものになりますが、大変通気性がよく、長時間着けていても息苦しさが少ないのが特徴です。
※商品の詳細は、PITTA MASK WEBサイトで確認してみてね♪

着け比べてみた結果、さすがの日本メーカー製!製品によって特徴がありますが、どのマスクも着け心地が軽く、蒸れや息苦しさが少ないですね♪
しっかりと感染防止対策には「フィッティ®」「超快適®」といった不織布マスク」で、逆に通気性が良く、息苦しさから解放されるのは、「PITTA MASK」のような「ウレタン素材」など、用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか(※あくまでも主観的な感想です)

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする