東灘ジャーナル

「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」を購入して、セットアップやってみた!【挑戦してみた!シリーズ】 #Amazon

calendar

スポンサーリンク

「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」を買ってみた!

外出先でも手軽にネットを閲覧したいと思い、アマゾンで話題の「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」を購入してみました。これからタブレット購入を考えている方にも、プレゼントのご参考にもどうぞ。

「Amazon Fire 7 タブレット」とは

Amazonタブレットシリーズには、動画や音楽の再生機能がなく、電子書籍リーダーに特化した「Kindle」シリーズと、Androidをベースとした「Fire」シリーズの大きく2種類に分類されます。Amazon Fireタブレット」は、電子書籍だけでなく、映画や音楽などを購入してタブレットで楽しむ事が出来ます。AndroidをベースとしたFire OSが採用されており、購入したコンテンツのページ送り、再生などの操作がしやすいのが特徴です。
「Kindle」シリーズは、電子書籍を読むことに特化しているため白黒で太陽光の下でも文字が読みやすい液晶になっており、本体は大変軽い。その分音楽や動画を見たり、Kindleストアのアプリを利用することが出来ません。
一方、「Fire」シリーズは電子書籍リーダーとは逆の特徴で、カラーで音楽や映画、アプリなど多機能ながらも、本体はやや重め。幅広く使いたい場合は、「Fireタブレット」を検討されることをおすすめします。(※画像はWEBサイトよりお借りしています)

「Amazon Fire 7 タブレット(8GB)」特徴とストレージ

  • Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラックは、7インチのIPSディスプレイ搭載の高コスパのタブレット。マンガや映画、ゲームなどエンターテインメントを気軽に楽しめます。
  • 約3,000万の充実のコンテンツをご用意。映画、ドラマ、音楽、本、アプリやゲームまで色鮮やかに。
  • プライム会員なら、プライム・ビデオで映画やドラマが見放題。
  • Amazonで購入したコンテンツ、Fireタブレットで撮影した写真は、無料で容量無制限にクラウド保存可能。さらに、200GBまでのmicroSDカード(別売)に対応しています。
  • 新しいFire OS 5はエンターテインメントにぴったりのインターフェース。よく使うコンテンツに素早く簡単にアクセスが可能。
  • バッテリー駆動時間は最大7時間。長時間の読書、映画やドラマ、音楽鑑賞も楽しめます。
  • 高速Webブラウジング、電子メールのチェックもスムーズです。

(※文章はAmazonWEBサイトより引用しています)

内蔵ストレージは8GBしかないので、ダウンロードしたコンテンツはこまめに消すか、128GBまでのmicroSDカードに対応しているため、別売りmicroSDカードを利用すれば問題ありません。

【※注意!】Google playストアが使えず、メインはKindleストア

Fireタブレットでは、Google playストアは使えず、代わりにKindleストアを利用することになります。ストアにあるアプリはGoogle playよりも少ないので、自分が使いたいアプリがある場合は、購入前にKinldeストアに存在するか確認しておきましょう。例えば、「Youtube」や「Gmail」「Chrome」などはKindleストアにありません。また「LINE」もKindleストアにないため、注意が必要です。

Amazonプライム会員の特典について


Fire 7 タブレット(8GB)は通常会員だと8,980円プライム会員だと割引クーポンが発行され、半額程度の4980円で購入が可能です。Amazonプライム会員の年間料金が3,900円なので、1年間プライム会員になった上で購入すると大変お得です。

Kindle本が無料で読めます!

お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できる特典に加えて、Kindleオーナーライブラリー毎月1冊無料で読書を楽しめます。ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中から、お好きなタイトルが選べるのも魅力ですね。

プライム・ビデオで映画が見放題!

プライム・ビデオは大ヒット映画をはじめ、国内外のドラマ、話題のバラエティー番組やライブ映像などが、追加料金なしで見放題というサービスです。他にも、Amazonスタジオ制作でゴールデン・グローブ賞受賞の「トランスペアレント」や「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」、子供向けTV番組「タンブルリーフ」といったオリジナル番組も数多く取りそろえています。

実際に購入して、セットアップもやってみた!

Amazonで注文すると、このように簡易パッケージで商品が送られてきます。早速、後ろの点線から開いてみましょう。

「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」外観のご紹介

【内容物】

  • Fireタブレット 本体(保護フィルムなし)
  • 充電アダプター
  • USBケーブル
  • 説明書(英文)

タブレット端末やスマホと同じで、昔のように分厚い取扱い説明書はありません。いたってシンプルですね。

電源を入れ、言語設定とインターネットの接続設定を行うと、アカウントの確認画面が表示されます。Amazonの各サービスを利用するにはアカウントが必要ですが、既に届いた商品には購入時のアカウントが設定されているので、メールアドレスやパスワードの入力など必要ありません。確認後、このようにすぐに使える状態となります。Amazonに特化したアプリを快適に使えるための工夫がされているのが、最大の特徴です。

ちなみにタブレット本体の裏側には「amazon」のロゴが入っています。一般的なタブレット端末より、やや重量と厚みがあります。

「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」横からの様子

スタンドを使って横向きに立てた様子がこちら。サイド上部には、電源ボタン、USB充電ポート、音量スイッチ、ステレオジャックがあります。破損防止液晶保護フィルムスタンドケースも一緒に購入しておくのがおすすめです。

「Amazon Fire 7 タブレット (8GB)」を使ってみて

スピーカーの音質は問題ないレベルですが、カメラは2メガピクセルと低解像度のため、写真を撮るのは期待しない方が良いかもしれません。主な用途が「読書」「映画・ドラマ鑑賞」「WEBブラウジング」であれば、充分な機能です。フォントの大きさを調整出来るのも嬉しいですね。また、子どものゲーム用端末としての使い方もできます。値段以上にコストパフォーマンスが高くタブレットを初めて触る方にも、プレゼントにもおすすめです。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!