東灘ジャーナル

阪急六甲にある「六甲八幡神社」の境内で陽気にリフレッシュ♪【※写真付レポ】

calendar

reload

春のリフレッシュを兼ねて、阪急六甲駅南にある「六甲八幡神社」に参拝してきました。境内の様子を写真でご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「六甲八幡神社」とは

阪急六甲駅前に位置する、街のオアシスというべき神社です。祭神は八幡大神、天照大神、春日大神。現在の社殿は奈良春日神社の旧社殿を移したものだといわれています。本殿は昭和50年に県重要指定文化財指定。厄除・初宮詣・七五三・交通安全・諸祈願を扱っています。

写真で見る「六甲八幡神社」の境内

大きな鳥居をくぐると、

境内奥へと参拝道が続いています。歩き進むにつれ、清々しい気分になります。

境内には、くすのき、いちょう、桜など緑が多いのが特徴です。

龍をかたどった手水舎は、とても素敵ですね。

ご本殿にお参りしましょう。ちょうど厄除けの祭事が執り行われていましたので、一緒に見学。「六甲八幡神社」は、厄除けの神様として有名な神社であります。

奥にもお参りしましょう。

番外編:「六甲八幡神社」の桜は3分咲きでした

4月初めの参拝でしたが、境内の桜は3分咲きといったところでした。

境内広く、森林浴効果も高い「六甲八幡神社」。ぜひリフレッシュにどうぞ♪

東灘ジャーナルは、イベント・講座・新規オープンのお知らせ・閉店情報・お店のご紹介やお得情報など、Twitterでも情報を随時更新中!東灘ジャーナル@higashinada_jou)でフォローしてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
六甲八幡神社
【営業日・営業時間】
※常時開放しています
【連絡先】
078-851-7602
【Webサイト】

六甲八幡神社

【場所】

住所:神戸市灘区八幡町3丁目6-5

神戸市灘区八幡町3丁目6-5