東灘ジャーナル

神戸・灘にある「鈴木薄荷」のハッカ油はこの季節に重宝するよ【※ハッカ油と会社のご紹介】

calendar

reload

何となくすっきりしない鼻づまりが気になるこの季節、「ハッカ油&ハッカ結晶のセット」をいただきました。神戸ゆかりの財閥「鈴木商店」の流れをくむ「鈴木薄荷」さんが製造されていると知り、商品とともに写真でご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「ハッカ油&ハッカ結晶のセット」(600円)とは

ハッカの油(10ml)

ハッカの結晶(8g)

「ハッカセット」は、ハッカの油(10ml)とハッカの結晶(8g)の小瓶が1つずつ入っています。ハッカの結晶は透明で、ほのかにハッカの香りを感じます。

便利な活用法はこちら

お湯に溶かしてその蒸気を吸うと、鼻づまりもすっきり♪少量をガーゼに取り、クローゼットに入れておくと、脱臭効果もあります。夏には油や結晶を溶かしたお風呂に入ったり、水で薄めて体に塗ると、体感温度が下がり、さらに虫よけの効果もあるのだとか。ひとつあれば、大変重宝しますね。

製造しているのは「鈴木薄荷株式会社」です

製造元は「鈴木薄荷株式会社」ーせっかくなので、こちらも写真付きでご紹介します♪

「鈴木薄荷株式会社」場所はこちら

JR神戸線・六甲道駅から南西方向に徒歩8分、関西スーパー琵琶店の筋を西へ入ります。

ハッカのよい香りがしてきました。

こちらの社屋は、昭和初期(1930年代)の和洋折衷の近代文化を象徴する「昭和モダン」の建築物として、兵庫県内に現存する「有形文化財」の一つでもあります。

前身は明治から昭和にかけ世界的な総合商社だった「鈴木商店」です。「かね辰」マークが光っていますね。

二層分の柱形と梁形を表した平明な外観をもつモダニズム建築ですが、玄関の水平庇に施した横目地や講堂のあった三階の柱頭飾、天井などにアールデコ風の意匠が取り入れられ、2014年に「登録有形文化財」に登録されました。
しかしながら、住宅地に隣接する現在の場所では工場拡張が難しく、今年秋には、本社と工場の神戸ポートアイランド2期への移転に伴い、こちらの社屋が売却されるようです。歴史ある建物を残していただける企業様であることを願っています。(※文章はWEBサイトより引用しています)

東灘ジャーナルは、イベント・講座・新規オープンのお知らせ・閉店情報・お店のご紹介やお得情報など、Twitterでも情報を随時更新中!東灘ジャーナル(@higashinada_jouでフォローしてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
鈴木薄荷株式会社
【営業日・営業時間】
※「ハッカセット」は「摩耶ビューテラス702」や一部の店舗で取扱いしています。
【連絡先】
【Webサイト】

鈴木薄荷株式会社

【場所】

住所:神戸市灘区下河原通1-3-1

神戸市灘区下河原通1-3-1

この記事をシェアする