【日本最古のコーヒー店】神戸・元町にある「放香堂加琲」さんで「石臼挽き インドアラビカ 麟太郎」を買って飲んでみた! #放香堂加琲 #コーヒー #神戸元町 #麟太郎

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

日本最古のコーヒー店「放香堂加琲」さんに立ち寄ってみた!

神戸元町商店街内を歩いていると、ふっと香ばしいコーヒーの香りに誘われて
日本最古のコーヒー店放香堂加琲さんで、ドリップバッグの「石臼挽き インドアラビカ 麟太郎」を買って飲んでみました。

「放香堂加琲」さんの場所はこちら

神戸元町商店街内にある放香堂加琲さんがこちら。お隣は日本茶で有名な放香堂さんがあります。

日本最古のコーヒー店の由来について

約150年前の慶応3年(1868年)、時代は幕末、京都の近江屋で坂本竜馬が暗殺された年に神戸では新たに神戸港が開港され、諸外国との貿易の幕を開けました。

その頃、京都の茶の里である和束村で宇治茶の製造・卸を営み、松平家のお抱え商人であった放香堂は、明治7年(1874年)に現在の神戸元町商店街において宇治茶の小売り店を開店させました。また宇治茶の小売りと並行させてコーヒー豆の輸入も手掛け、明治11年(1878年)の讀賣新聞にコーヒーの販売および店内での飲用自由を謳った広告を掲載したのです。

これが「日本で最古のコーヒー店」といわれる由来となっています。当時の店前のにぎわいは、神戸市立博物館に展示されている明治15年発刊の木版画「豪商神兵湊の魁」が今に伝えています。当時使用していたコーヒー豆はインド産と伝えられていますが、この木版画に描かれているお店の看板にも「印度産加琲」とありそれを裏付けています。

ちなみにこの頃の「珈琲」は「加琲」と書かれており、当店のロゴもそれに倣っております。
日本で最古のコーヒー店として放香堂は、三省堂のカタカナ辞典や平成28年度版の東京書籍の中学校教科書にも紹介されています。

情報の引用参照:放香堂加琲WEBサイト「店舗紹介/会社概要」

ドリップバッグの「石臼挽き インドアラビカ 麟太郎」を飲んでみた!

「石臼挽き インドアラビカ 麟太郎」(5パック入:750円)がこちら。

こんな感じで個別包装になっています。

ドリップバッグタイプなので、

こんな感じにカップにのせて、

お湯を注ぐだけで、挽きたてのコーヒー豆の美味しさが堪能できます!

しっかりしたコクと苦味を感じながら、

コーヒーの旨味や深い味わいを感じることが出来ます。酸味が少なく、とても飲みやすいお味なので、ブラックがおすすめですよ♪

店内では豆の購入の他、珈琲やカレー、ケーキなどが頂けるスペースもあります。元町散策の際は、ぜひ日本最古のコーヒー店放香堂加琲さんに立ち寄ってみてね♪

【名称】
日本最古のコーヒー店「放香堂加琲」さんに立ち寄ってみた!
【営業日・営業時間】
10:00~19:00
【連絡先】
078-321-5454
【Webサイト】

放香堂加琲 WEBサイト

【場所】

住所:神戸市中央区元町通3-10-6

放香堂加琲

JR・阪神「元町」駅より徒歩約3分


この記事のURLとタイトルをコピーする