神戸海洋博物館が2020年2月5日(水)リニューアルオープン!より臨場感あふれるライブ空間へと生まれ変わるよ! #神戸海洋博物館 #神戸港 #神戸観光 #海洋 #青山大介

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

体験型展示も勢ぞろい!神戸海洋博物館がリニューアル!

神戸海洋博物館2020年2月5日(水)リニューアルオープンを迎えます。

神戸海洋博物館について

神戸メリケンパークにある「神戸海洋博物館」。大海原を駈ける帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴的なこちらは、「海から港から神戸が始まり、未来に船出する。」をコンセプトに、1987年に「神戸開港120年記念事業」としてオープン。この度、改修工事を経て『神戸とみなとのあゆみ』をテーマに港の発展と神戸港の関わりを伝え、未来の海事人材の育成に寄与する施設として生まれ変わります。世界へと広がる国際貿易港とその広がりやスケールを感じ、海・船・港へのあこがれに包まれるような、ダイナミックな臨場感あふれるライブ空間がリニューアルの特徴です。

情報の引用参照:神戸市広報サイト「神戸海洋博物館リニューアルオープン ”海・船・港について、子どももおとなも楽しみながら学べる施設”」

リニューアルの概要と見どころはこちら

開港150年シアター(プロジェクションマッピング):
神戸海洋博物館を印象づけるシアター。ロドニー号とエントランスホール全体を使い、ロドニー号が大海原を超えて神戸港にやってくる映像と、神戸港開港から150年のあゆみを感じる2本の映像で来館者を包みこみます。

船の模型航路
所蔵する船の模型を時系列に並べて展示し、西洋帆船から今日の客船、貨物船へとつながる船の進化をたどります。

行き交う船たち
神戸港から世界に広がる航路網と港で活躍する船を学ぶ体験型装置や大型壁面に代表的なコンテナ船やクルーズ客船を描いた鳥瞰図に解説のめくりパネルを備え、船について興味を惹きつけ、国際貿易港としての神戸港を楽しみながら学んでもらいます。青山大介さんの描いた巨大なコンテナ船と客船「飛鳥2」もこちらに展示されていますよ♪

情報の引用参照:神戸市広報サイト「青山大介氏飛鳥Ⅱ鳥瞰図 大型壁面展示お披露目・贈呈式 ―神戸海洋博物館と飛鳥Ⅱがつなぐ神戸の縁-」

海の3Dフォトスポット
海・港・船にまつわるトリックアートを設置し、来館記念となるフォトスポットとします。

あゆみとはたらき
映像や操船やガントリークレーンのシミュレーターなどの体験型コンテンツを通じて、神戸港開港から今日までの歴史と神戸港の役割や機能、海・船・港の仕事の重要性を子どもたちに理解してもらい、未来の海事人材育成につなげます。

国際交流
神戸港と世界各国の国際交流を紹介。神戸港を訪れた客船や姉妹港、神戸海洋博物館の歴史を紹介します。

アメニティー
1階エントランス、展示室側トイレ、2階にある各トイレは全て洋式化。港をイメージしたものや開港当時の洋館、客船の船内をイメージしたトイレとして、それぞれ独自のコンセプトを持たせています。

その他
多言語対応として、日本語・英語解説を展示解説の基本とし、専用アプリを使用して、中国語(繁体語、簡体語)、韓国語にも対応しています。

画像と文章の引用参照:神戸市広報サイト「神戸海洋博物館リニューアルオープン ”海・船・港について、子どももおとなも楽しみながら学べる施設”」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
2020年2月5日(水)10時〜リニューアルオープン!
【営業日・営業時間】
10:00~17:00(最終入館は16:30まで) 休館日:月曜日(※月曜日が祝日の場合は開館翌日振替休館)
【連絡先】
078-327-8983
【Webサイト】

神戸海洋博物館WEBサイト

神戸市広報サイト「神戸海洋博物館リニューアルオープン ”海・船・港について、子どももおとなも楽しみながら学べる施設”」

入館料:大人600円、こども250円(※カワサキワールド含む料金)

※令和2年4月1日より指定管理者による運営となり、料金の改定を行う予定

【場所】

住所:神戸市中央区波止場町2番2号

神戸海洋博物館

各線元町駅より徒歩約15分


この記事のURLとタイトルをコピーする