東灘ジャーナル

月1開催!塩屋の異人館・旧グッゲンハイム邸の美しさを堪能してきた! #塩屋 #旧グッゲンハイム邸 #近代建築 #神戸観光 #塩屋市 #森本アリ

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

月1開催! 旧グッゲンハイム邸見学会に参加してきた!

月に1度開催されている塩屋の旧グッゲンハイム邸見学会に参加してきました。塩屋の景色とともに、その美しさをご堪能ください。

旧グッゲンハイム邸とは

塩屋にある異人館・旧グッゲンハイム邸は明治42年、ドイツ系の貿易商ジャック・グッゲンハイムにより、アレクサンダー・ネルソン・ハンセルを設計者として迎え、建てられたとされています。1階と2階に設けられた5連アーチのベランダが特徴的なコロニアルスタイルの建築様式です。現在、旧グッゲンハイム邸は、コンサートや結婚パーティー、ワークショップ、映画やロケ撮影など、多岐にわたって利用されています。

旧グッゲンハイム邸 美しい外観のご紹介

JR・山陽「塩屋」駅から徒歩約5分、「塩屋東第1踏切」を渡り、階段を数段上った場所にあります。

開放的なベランダと列柱、張り出した窓、軒蛇腹など美しいデザインの洋館です。

旧グッゲンハイム邸 落ち着いた館内

玄関から入り、すぐ左手に曲がると、

広いお部屋があります。イベント告知やお店のフライヤーがたくさんありました。

西側には、グランドピアノのある広間がありました。

館内から庭を眺めた様子がこちら。

今度は2階に上がってみましょう。

南側に広いサンルームがあります。

こんな風に塩屋の海が一望できます♪

すぐお隣には、先日ご紹介した「旧後藤邸」があります。赤い屋根の建物ですね。

神戸・塩屋の街並み&旧後藤邸と平民金子さんのトークイベントを楽しんできた! #平民金子 #旧後藤邸 #旧グッゲンハイム邸

東側の部屋にはオルガンがありました。

北側も明るいですね。

入場無料!11月4日は「塩屋市」が開催されます

フードをはじめ、アクセサリー、ガラス食器など様々なメイド・イン・シオヤの商品がずらりと並び、塩屋のいいものが集まります!17:30からは、打ち上げ&持ち寄りパーティー「塩夜会(しおやかい)~今夜は持ち寄り~」を開催。ご自分が食べるものプラスちょっとの食べ物や飲み物をお持ちの方は、どなたも参加可能。
※詳しくは、塩屋商店会WEBサイトで確認してね。

月に1度開催される見学会は、案内などは特になく、時間内は出入り自由、様々な資料を閲覧できます。予約不要、カメラ片手にぜひどうぞ。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
旧グッゲンハイム邸
【営業日・営業時間】
※月に1度開催される見学会の詳しい日程は、WEBサイトでご確認ください。
【連絡先】
078-220-3924
【Webサイト】

旧グッゲンハイム邸WEBサイト

【場所】

住所:神戸市 垂水区塩屋町3-5-17

旧グッゲンハイム邸


この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事