東灘ジャーナル

宝塚大劇場の西隣に移転する「宝塚ホテル」の工事の様子を見てきた! #宝塚ホテル #新規オープン #宝塚大劇場 #阪急阪神ホテルズ

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「宝塚ホテル」が移転、工事の様子を見てきた!

宝塚ホテル」は、1926年(大正15年)に開業し、ホテル機能の充実と規模の拡大を図りながら、90年余にわたり多くのお客様に愛されてきました。しかしながら、建物設備の老朽化が進んでいることに加え、現行法上の耐震基準を満たしていないこと等から、宝塚大劇場の西側隣接地(現 西駐車場)に移転・新築することになりました。新しい宝塚ホテルは、現在のホテルのデザインを継承するなど伝統を受け継ぐとともに、これまで以上に宝塚歌劇と連携して新たな魅力を発信し、2020年春の開業を目指して工事が進められています。(現在の宝塚ホテルは、新ホテルの開業まで、営業を継続する予定です)その様子を写真でご紹介します。

【※ご参考】現在の「宝塚ホテル」の様子はこちら

阪神間モダニズムを代表する「宝塚ホテル」の優雅な建築をご紹介します! #宝塚ホテル #阪神間モダニズム #近代建築 #宝塚市

「新宝塚ホテル」の場所はこちら

宝塚ホテルから北へ進み、武庫川に架かる「宝塚大橋」を渡ります。

渡り切ったところすぐの場所に「宝塚大劇場」とその建物があります。

かなり広い敷地で、まるでお城のようですね。

そのすぐ西側が「新宝塚ホテル」の移転先になっています。

現在は工事中で、防音壁が立ち並んでいました。新ホテルは、阪神間モダニズムと称されるクラシカルな現ホテルのデザインを継承し、切妻屋根の壁面などに描かれている植物モチーフのレリーフや、建物の外壁を特徴づけるドーマー窓と半円形屋根のほか、アーチ天井を持つ回廊、階段の手すりに施された装飾など、細やかな装飾を復元する予定だそうです。2020年春の開業をどうぞご期待下さい。

引用資料:阪急阪神ホールディングス(PDF)
「宝塚ホテル」の移転計画について ~これまでの伝統を受け継ぎながら、宝塚大劇場の西隣に移転・新築します~

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「宝塚ホテル」が宝塚大劇場の西隣に移転します【告知】
【営業日・営業時間】
【連絡先】
0797-87-1151
【Webサイト】

宝塚ホテルWEBサイト

【場所】

住所:兵庫県宝塚市栄町一丁目292番1、他【新移転先】

兵庫県宝塚市栄町一丁目1

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする