東灘ジャーナル

元町商店街にある「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」の手動式エレベーターに乗ってみた! #松尾ビル #近代建築 #登録有形文化財 #文化遺産 #手動式エレベーター #OTIS

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」の大変懐かしい手動式エレベーターに乗ってみた!

神戸・元町商店街にある「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」の見学と、大変懐かしい「手動式エレベーター」に乗せて頂いたので、その様子をご紹介します。

「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」について

「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」とは、1925年築、鉄筋コンクリート造5階建の神戸・元町商店街にある百貨店建築です。一階に店舗が入居し、正面に三連大アーケード、上階に縦長三連アーチ窓があり、登録有形文化財に指定されています。梁や蛇腹戸のエレベーターなど、豊かな装飾と設備が特徴です。

「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」へのアクセスと外観のご紹介

阪神・神戸高速線「西元町駅」の西口を出て、

元町商店街のアーケードに入ります。

東向きに進むと、1階にドラッグストア「ココカラファイン」さんが見えてきました。こちらの建物が、「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」です。

大きなアーチ型のガラス窓と、三段迫出しの窓台が素敵なデザインです。アーケードからは建物全体が見えないため、裏手にまわってみましょう。

建てられた当時は、この近隣では大きな建物だったのではないかと思われます。

「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」建物内の様子

今も現役!「手動式エレベーター」に乗せて頂きました!

たまたま運よく、ビルの方がいらっしゃったので、懐かしい「手動式エレベーター」に乗せて頂きました。

蛇腹式の2重扉をガラガラっと開き、

エレベーターの中へ。

扉の開閉、エレベーターが各階に停止する位置調整まで、完全手動操作のエレベーターです。

各階へのボタンと、

位置調整等のレバーがこちら。「OTIS」と描かれています。

エレベーターの扉の上には、時計針の付いたフロアインジケーターがあります。ガチャガチャと扉を閉め、ゆっくりと動き出しました。いつも乗っているエレベーターよりも、モーター音やカゴの揺れがしっかりと伝わってきます。ガッコンと音を立てて停止、ハンドルで位置の微調整を行った後、蛇腹式の2重扉をガラガラっと開き、各フロアへ降りることが出来ました。

ビルの方に運よくご協力頂きまして、貴重な「手動式エレベーター」に乗ることができました。誠にありがとうございました。
元町商店街を散策の際は、ぜひ「松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)」の前を通ってみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
松尾ビル(旧小橋屋呉服店神戸支店)
【営業日・営業時間】
【連絡先】
【Webサイト】
【場所】

住所:神戸市中央区元町通6丁目5-8

阪神・神戸高速線 「西元町駅」 徒歩2分

神戸市中央区元町通6丁目5-8

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事