東灘ジャーナル

芦屋にある「芦屋警察署」の近代建築を見に行ってきた! #芦屋市 #芦屋警察署 #近代建築

calendar

スポンサーリンク

歩いて出逢う近代建築「芦屋警察署」

芦屋にある「芦屋警察署」の旧正門は、近代建築であると知り、外観を見学してきました。その様子を写真でご紹介します。

「芦屋警察署」とは

芦屋警察署は、1927年に建てられたロマネスク様式の玄関部分が保存されてます。 後ろ側は新館になっています。

「芦屋警察署」の場所はこちら

阪神電鉄「芦屋駅」から北へ約50m、駅からすぐの場所にあります。

信号の向かい側に佇むのが「芦屋警察署」です。神戸高校神戸税関の玄関部分に、どことなく似ていますね。

【ご参考】神戸高校のレポはこちら

神戸・灘区にある「兵庫県立神戸高等学校」は「ロンドン塔」がある歴史的な校舎で有名だよ【灘区特集】 #近代建築 #灘区

【ご参考】神戸税関のレポはこちら

神戸税関庁舎を見学&ランチ定食を堪能したよ【大人の社会見学&神戸開港150年】

※後から調べると、「芦屋警察署」と「神戸高校」の設計は「兵庫県営繕課」、神戸税関は「大蔵省営繕課」が担当していました。こういう気付きも、散策の楽しみですね。

「芦屋警察署」の外観をじっくり見学してみた!

正面玄関は御影石で、アーチ型をしています。鉄筋コンクリート2階建て、アーチ上部のミミズクの彫刻が、夜の警備を象徴しています。

アーチ型の玄関内部がこちら。(※現在は立入禁止で、使われておりません)

サイドからぐるっとまわってみましょう。旧建物と新館が見事にマッチされた造りとなっています。

丸っこい形の窓は、「甲南病院」と少し似ている感じがします。

【ご参考】甲南病院のレポはこちら(外観のみ)

「涼宮ハルヒの消失」の舞台、神戸・甲南病院が建て替え工事へ【写真で見る近代建築】

建物の裏手の様子です。歴史的価値のある建物を、出来る限り残して活用されています。

現在の「芦屋警察署」の玄関部分がこちらです。

モダニズム文化と再生の融合を垣間見ることが出来る「芦屋警察署」の外観。近代建築がお好きな方は、ぜひ見学してみてね。

【近代建築が堪能できるおすすめの1冊】

ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)/芦屋市立図書館打出分室(旧松山家住宅松涛館)/芦屋モノリス(旧逓信省芦屋別館)/芦屋警察署旧庁舎玄関/芦屋仏教会館/武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)などが掲載され、イチオシの1冊です!

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
芦屋警察署
【営業日・営業時間】
※旧正門より中に入ることは出来ません
【連絡先】
0797-23-0110
【Webサイト】

兵庫県芦屋警察署

【場所】

住所:兵庫県芦屋市公光町6番7号

阪神電鉄「芦屋駅」から北へ約50m

芦屋市公光町6番7号

この記事をシェアする