東灘ジャーナル

【ゴーフルの試食付!】神戸・元町商店街にある「神戸風月堂ミュージアム」を見学してみた! #神戸風月堂 #ゴーフル

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

入館料無料!神戸風月堂の歴史や看板商品「ゴーフル」について学んでみよう

神戸・元町商店街にある「神戸風月堂ミュージアム」を見学してきました。ゴーフルの試食もあり、お子さんから大人まで楽しめるおでかけスポットとして、写真とともにご紹介します。

「神戸風月堂ミュージアム」とは

「神戸風月堂ミュージアム」は、神戸市中央区・元町商店街内にあります。明治30年に神戸で創業した神戸風月堂の歴史や、看板商品「ゴーフル」の製造について学ぶことが出来ます。館内には開業当時の写真や製菓道具、美術品などが展示され、お菓子の原料の町並みや細工は、インスタ映えすること間違いなし!です。

「神戸風月堂ミュージアム」場所はこちら

「神戸風月堂ミュージアム」は元町商店街の中にあり、JR・阪神「元町駅」から徒歩約5分です。

「神戸風月堂ミュージアム」館内の様子

「神戸風月堂ミュージアム」には、お菓子の原料で作った街のジオラマや、模型が展示されています。上のジオラマは洋菓子職人が、下の紅葉風景は和菓子職人が作られたそうで、作り方や手法の違いがはっきりと分かりますね。

「ゴーフル」とは、薄焼きせんべいにクリームが挟まれた焼き菓子で、今でこそ神戸を代表するお菓子ですが、もとはフランスの焼き菓子を参考にされたそうです。

ゴーフルの製菓道具・金型です。当時は1枚1枚手焼きで、かなり大きいサイズだったそうです。改良を重ね、サイズを小さくしたことで売れるようになりました。

木彫りの型は、美しい模様と細かいデザインが特徴です。当時はこれらの道具を使い、手作業でお菓子が作られた様子を垣間見ることが出来ます。

当時の「レスポワール」焼き機も展示されていました。

「神戸風月堂ミュージアム」では、見学された方に神戸風月堂のお菓子「ゴーフル」「レスポワール」のプレゼントがあります。すぐ近くの神戸風月堂本店では、商品を購入することが出来るので、おみやげにもぜひどうぞ。
無料で歴史を学べる「神戸風月堂ミュージアム」、あなたも立ち寄ってみてね♪

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸風月堂ミュージアム
【営業日・営業時間】
営業時間:11:00~13:00 14:00~17:00
【連絡先】
078-321-5598
【Webサイト】

神戸風月堂ミュージアム

【場所】

住所:神戸市中央区元町通3丁目4−12

JR・阪神「元町駅」から徒歩約5分

神戸市中央区元町通3丁目4−12

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事