東灘・御影にある「綱敷天満神社」で梅花散策を楽しんでみた! #東灘区 #綱敷天満神社 #お花見 #梅の花 #梅 #神社めぐり

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポット情報, 東灘区とは

御影の「綱敷天満神社」で観梅を楽しんでみた!

東灘・御影にある「綱敷天満神社」観梅を楽しんできました。

「綱敷天満神社」について

別雷大神(わけいかづちのおおかみ)が天神山におまつりされていたことに始まり、聖徳太子が御影石を発掘され倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)をおまつりされました。また菅原道真公の九世の孫、菅原善輝公が太宰府の神官に任ぜられ、筑紫に赴く途中、道真公と由緒のある当地に社を建立し、綱敷天満宮と名付けて、別雷神と蒼稻魂神を合わせ祀った、とされています。

「綱敷天満神社」境内の梅は3分咲きでした

約1年ぶりの訪問となった「綱敷天満神社」

>>>【※ご参考】【おすすめ観梅スポット!】東灘・御影の「綱敷天満神社」(2020年版)

境内には梅の木がたくさんあり、

梅花散策が楽しめるスポットのひとつです。

令和3年は開花は遅く、3分咲きといったところでしょうか。

まだまだつぼみの枝が多く、

白梅もようやくほころび始めた状態でした。

境内には、十二支をかたどった石碑やパワースポットがあり、

すぐ近くにある「石屋川公園」の梅と一緒に楽しむのが、おすすめですよ♪

>>>【※ご参考】石屋川公園の梅が満開を迎えたので、お花見散策してみた!

令和3年の2月25日「梅花祭」では梅がゆ接待は中止となりましたが、ゆっくりと過ごせるおすすめの観梅スポット「綱敷天満神社」。ぜひ境内を歩いてお花見散策を楽しんでみてね♪

【名称】
綱敷天満神社
【営業日・営業時間】
【連絡先】
078-841-1150
【Webサイト】

綱敷天満神社(兵庫県神社庁のサイトにリンクしています)

【場所】

住所:神戸市東灘区御影1丁目22-25

綱敷天満神社

阪急「御影」駅より南西へ徒歩約10分


この記事のURLとタイトルをコピーする