東灘ジャーナル

「鋼の錬金術師展」が神戸ゆかりの美術館で4/21(土)~7/8(日)まで開催中!見に行ってきた! #鋼の錬金術師 #ハガレン #神戸ゆかりの美術館

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「鋼の錬金術師展」が4/21(土)からスタート!

「鋼の錬金術師展」が六甲アイランド・神戸ゆかりの美術館4/21(土)~7/8(日)まで開催されます。「鋼の錬金術師」漫画家・荒川弘(あらかわ ひろむ)氏が壮大なスケールで描く冒険物語で、2001年から2010年まで月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)に連載されました。全世界シリーズ累計発行部数7000万部を超える大ヒットなったこの作品は、命とは何かという重く大きなテーマを扱いながらも、困難に立ち向かい、愛と信頼、絆により繰り広げられるドラマが、連載終了から時を経ても色褪せることなく、今なお人々を魅了し高い人気を博し続けています。
「鋼の錬金術師展」では、カラー約60点を含む170点を超えるコミック生原稿を中心におよそ220点の原画や資料で振り返り、その魅力が一層伝わってくる展示となっています。
さらに会場では、TVアニメ版の声優による展覧会録り下ろしの音声ガイドや、展覧会記念グッズの販売もあり、こちらも一緒に堪能してね。(※文章は、神戸市広報サイトより引用しています)

【ご参考】旧ハンター住宅で開催された「鋼の錬金術師 in KOBE展」

神戸市立王子動物園内にある旧ハンター住宅で「鋼の錬金術師 in KOBE展」を見学してきた! #鋼の錬金術師 #近代建築

【※追加更新】「鋼の錬金術師展」に行ってきました!

これまで何回か登場した「神戸ゆかりの美術館」。六甲ライナー「アイランドセンター」駅すぐの場所にあります。

宇宙船のような円形の建物の1階が、「神戸ゆかりの美術館」です。

美術館内は撮影禁止、カメラは一旦終了します。(※ここからは、撮影可能スポットのみのご紹介になります)

館内の撮影可能スポットはこちら。

「荒川弘先生像」と一緒に写真を撮ってみよう!

TVアニメ版の声優による展覧会録り下ろしの音声ガイドや、展覧会記念グッズの販売もありました。

入館券を持っている方のみが購入できるようで、こちらもレア感満載♪ぜひのぞいてみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
「鋼の錬金術師展」
【営業日・営業時間】
平成30年4月21日(土)~7月8日(日) 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分迄)
【連絡先】
078-858-1520
【Webサイト】

鋼の錬金術師展 公式WEBページ

【入館料】:一般1,000円 大学生500円 高校生以下無料

【場所】

住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1

神戸ゆかりの美術館

神戸市東灘区向洋町中2-9-1

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事