東灘ジャーナル

阪急御影・南西にある「綱敷天満神社」にお参りしてきた! #神社 #綱敷天満神社

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「御影の天神さま」と親しまれる「綱敷天満神社」

阪急御影駅から南西の場所にある「綱敷天満神社」をお参りしてきました。1年の感謝を込めて、ゆっくりどうぞ。

「綱敷天満神社」とは

別雷大神(わけいかづちのおおかみ)が天神山におまつりされていたことに始まり、聖徳太子が御影石を発掘され倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)をおまつりされました。また菅原道真公の九世の孫、菅原善輝公が太宰府の神官に任ぜられ、筑紫に赴く途中、道真公と由緒のある当地に社を建立し、綱敷天満宮と名付けて、別雷神と蒼稻魂神を合わせ祀った、とされています。

「綱敷天満神社」境内の様子

まずは今年の感謝と、来年の発展を願って

しっかりとお参りしましょう。梅の紋章がありますね。2/25の梅花祭では、境内約100本の梅が満開に咲き誇るそうです。

社殿も立派ですね。

境内には、十二支をかたどった石碑が並んでいました。来年は戌(いぬ)でしたね。来年もよい年になりますように。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
綱敷天満神社
【営業日・営業時間】
08:00~17:00 年中無休
【連絡先】
078-841-1150
【Webサイト】

綱敷天満神社(兵庫県神社庁のサイトにリンクしています)

【場所】

住所:神戸市東灘区御影1丁目22-25

阪急電鉄神戸線「御影駅」より南西へ徒歩約10分

神戸市東灘区御影1丁目22-25

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事