神戸・御影の弓弦羽神社で4月2日「御影花びらまつり」が開催されたよ【※桜写真付レポ】

この記事のURLとタイトルをコピーする

2018年11月29日

「御影花びらまつり2017」のご紹介@弓弦羽神社

神戸・御影の弓弦羽神社(ゆずるはじんじゃ)で、2017年4月2日(日)「第16回 御影花びらまつり」が開催されました。天気に恵まれ、舞台演目、花びらアート、阿波踊り、灘の酒造り唄、灘の酒振る舞い(1杯100円)など、多くの人でにぎわいました。その様子を桜と一緒にお楽しみ下さい。

「阪急御影駅」から「弓弦羽神社」まで歩いてすぐ

阪急御影駅からスタート。南東に徒歩約3分程歩いていきましょう。

弓弦羽神社の鳥居前に到着しました。昨年は満開の桜でしたが、今年は5分咲きといったところでしょうか。

鳥居を同じアングルから撮影してみると、その違いがよく分かります。

【昨年の満開の様子はこちら】

弓弦羽神社の桜ショットはこちら

境内の桜は、まだつぼみが目立ちました。

晴天の下で仰ぐ桜と松、風情がありますね。

本殿近くのしだれ桜は、ちょうど満開の見頃でした。

「花びらまつり」の様子

舞台周辺は、多くの催し物で賑わっていました。

弓弦羽神社のマスコットキャラクター「ゆづ丸」くんは、撮影に大活躍です♪
「八咫烏(やたがらす)」は、「勝利の神」と信じられ、境内の手水舎や絵馬にも描かれています。ぜひ探してみてくださいね。

羽生結弦選手の活躍とともに、来年の「御影花びらまつり」もどうぞお楽しみに!

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2017年4月2日(日)11時~17時

【有料無料の区分】
無料


【※注意事項】
※雨天決行です。


【場所】

住所:神戸市東灘区御影群家2-9-27

弓弦羽神社(ゆずるはじんじゃ)



この記事のURLとタイトルをコピーする