東灘ジャーナル

神戸・御影の弓弦羽神社で「花びらまつり」があるよ

calendar

reload

2016-04-02 13.55.49

 

神戸・御影の弓弦羽神社(ゆずるはじんじゃ)で

「第15回 御影花びらまつり」が開催されます。

スポンサーリンク

神社の由縁

弓弦羽神社は、フィギュアスケートの羽生結弦選手

神社の名前と自身の名前が似ているという理由から、

羽生選手のファンの“聖地”として全国的に認知されている神社です。

桜の花びらを使用した「花びらアート」の工作コーナー、

様々な売店の他、灘五郷有志によるお酒の振る舞いなどがあります。

さらに、午後2時~は「南京玉すだれ」や「灘の酒造り唄」など

イベントが満載で、一日中楽しめますよ。

花びらまつりの様子

場所は阪急御影駅を南東に徒歩約3分。

華やかなちょうちんの飾りつけが、わくわくしますね。

2016-04-02 13.44.13

歩くこと約3分。桜小道を抜けて、鳥居前に到着しました。

2016-04-02 13.53.59

境内を歩くと、本殿の屋根が見えてきましたよ。

枝垂れ桜が見事です。

2016-04-02 13.48.51

お祭りの様子は、こちらのFBでも取り上げられていましたよ。

お祭りの他に、サッカーのヴィッセル神戸のチームの必勝と選手の健康を祈って、

多くのサッカー関係者がお参りに訪れることでも有名です。

松と本殿のコントラストが美しい境内です。

2016-04-02 13.48.04

八咫烏(やたがらす、やたのからす)について

1200年ほど前に熊野大神をお祀りしたのが始まりとされ、

神様の使いとして祭る「八咫烏(やたがらす、やたのからす」を

神社の象徴としています。

この「八咫烏(やたがらす、やたのからす)」は、

「勝利の神」と信じられ、現在は日本サッカー協会(JFA)の

シンボルマークや、日本代表のエンブレムにもなっています。

手水舎や絵馬に「八咫烏(やたがらす、やたのからす」が

描かれていますので、探しながら境内を散策するのも、

また面白いですね。

さらに、日本酒の名産地である灘五郷にあることから、

新年に菊正宗、白鶴、剣菱の奉納した樽酒がふるまわれるほか、

メーカーの醸造祈願祭も行われています。

桜の鑑賞と共に、絵馬の奉納と、パワースポットの開拓も

楽しんで下さいね♪

日程の詳細や演目は 神戸・御影の弓弦羽神社 でご確認ください。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
4/3(日) 11時~17時

【有料無料の区分】
無料

【金額】
※入場無料です

【※注意事項】
※雨天決行です


【場所】

住所:神戸市東灘区御影群家2-9-27

【アクセス】

「阪急御影駅」南口下車 東南徒歩2分


神戸市東灘区御影群家2-9-27