神戸春の風物詩「いかなごのくぎ煮」を頂いて食べてみた! #いかなご #いかなご新子漁 #神戸ルール #いかなごのくぎ煮

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

令和3年「いかなごのくぎ煮」を食べてみた!

2021年のいかなごの新子漁は3月6日(土)より解禁、大阪湾におけるシンコ漁は3月11日(木)をもって終漁となりました。
期間も短く、今年はお味見できないかな…と思っていましたら、貴重なお裾分けを頂き、令和3年新もの「いかなごのくぎ煮」を食べてみました。

情報の引用参照:兵庫県広報サイト「いかなご漁について」

>>>【※ご参考】【神戸春の風物詩】2021年のいかなごの新子漁は3月6日(土)より解禁!

ご飯がすすむ「いかなごのくぎ煮」は旨かった!

お裾分けに頂いた「いかなごのくぎ煮」がこちら。

「いかなごのくぎ煮」とは、生の新子を醤油・砂糖(ざらめ)・生姜で煮詰めたもので、煮姿が折れた釘のように見えるため「くぎ煮」と呼ばれています。
垂水や須磨、明石や瀬戸内で獲れた新鮮ないかなごを求めて、スーパーや市場でお客様が並んでいる光景をよく見かけますね。

サイズ感もちょうど良く、美しい飴色をした「いかなごのくぎ煮」
口に入れると甘じょっぱく、生姜の香りがほんのりと広がります。あー幸せ♪これさえあれば、ご飯が何杯でも食べられるぐらい、箸がすすみますね(笑)
美味しい春の味をお裾分けを頂き、ありがとうございました。

【日時】
2021年のいかなごの新子漁は3月6日(土)より解禁、大阪湾におけるシンコ漁は3月11日(木)をもって終漁へ

【有料無料の区分】
不明(要確認)






この記事のURLとタイトルをコピーする