「第25回神戸ルミナリエ」2019年は12月6日(金)~12月15日(日)に開催 ~希望の光に導かれて、25年~ #ルミナリエ #旧居留地 #神戸観光 #神戸ルミナリエ #神戸 #阪神淡路大震災

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

「神戸ルミナリエ2019」が開催されます

神戸の冬を彩る「第25回神戸ルミナリエ」。2019年は12月6日(金)~12月15日(日)の10日間で開催されます。

「神戸ルミナリエ2019」チラシと開催概要

 

 

今年の作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」
仲町通りの「フロントーネ」からはじまり、京町筋交差点までの約50メートルには光の壁掛け「スパッリエーラ」、その東側には明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」を配置。今回は伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」として、第1回で使用していた白熱電球による壁状の作品が登場。あたたかい光の作品を観覧することが出来ます。

東遊園地の広場には、毎年設置されている「光の聖堂(カッサアルモニカ)」を大きく包み込む、高さ約21メートルもの巨大なドーム状の作品が初お目見え。慰霊と復興のゾーンでは、「1.17希望の灯り」を高さ約4メートルのアーチで飾る演出が予定されています。

今回はじめて作品を置く東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」には、「震災語り部ブース」が開設され、震災の経験者の話が語られる予定です。会場では「一人100円募金」を実施、こちらもぜひご協力頂けたら幸いです。

画像と文章の引用参照:神戸ルミナリエ公式サイト「令和元年度「第25回神戸ルミナリエ」の事業概要と 平成30年度「第24回神戸ルミナリエ」決算状況について」プレスリリース

【※ご参考】「神戸ルミナリエ2018」の様子

「神戸ルミナリエ」について

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催しました。以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として多くの皆様に支えられ、神戸の冬の風物詩として定着し、昨年は約343万人もの来場者が訪れました。

文章の引用参照:神戸市広報サイト「第25回神戸ルミナリエ」の開催について

神戸ルミナリエWEBサイト

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年12月6日(金)~12月15日(日)の10日間

【有料無料の区分】
無料




【場所】

住所:神戸市中央区加納町6丁目、他

旧外国人居留地および東遊園地



この記事のURLとタイトルをコピーする