兵庫県立美術館で11月23日~12月22日まで開催の「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」立体感を堪能してきた! #兵庫県立美術館 #入江早耶 #処女塚古墳 #注目作家紹介プログラム

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

菟原処女うないおとめの伝説」をテーマとした「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」

兵庫県立美術館11月23日~12月22日開催「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」の記者説明会に参加してきました。入江さんご本人からお聞きした作品に対する熱い思いとともに、写真でその様子をご紹介します。

「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」展覧会概要について

兵庫県立美術館では2010年より毎年「注目作家紹介プログラム〈チャンネル〉」を開催してきました。10回目となる2019年度の「チャンネル」では、岡山出身で広島を拠点として活動する入江早耶(1983~)をご紹介します。入江はこれまで、長靴、鉛筆や化粧品などの日常的な素材を用いて作品を制作するなかで、一貫して、変わらないものの存在を問い続けてきました。消しゴムを用いたシリーズでは、掛軸や写真などのイメージを消し、消し去った観音や小鳥などを小さな立体物として消しカスで制作しています。

本展では、兵庫の菟原処女うないおとめの伝説」をテーマとして、新作を発表します。二人の男性に求婚された娘はいずれか一人を選ぶことができず、自ら命を絶ち、彼らも娘の後を追いました。悲しい伝説は、作家のユニークな手法によって、新しい視点で現代に生まれ変わります。同じ伝説から着想を得た能「求塚」では、自らのために失われた命によって、娘は永く苦しむこととなりますが、新作では、乙女の純真さに焦点が当てられています。入江の作り出す祭壇によって、娘の長い苦悩は昇華されることでしょう。美術館の様々な場所に展示された作品を巡り、愛のラビリンスを堪能いただければ幸いです。

神戸市東灘区御影塚町2丁目に処女塚おとめづか古墳」があり、ここを中心として東西に「東求女塚ひがしもとめづか古墳」、「西求女塚にしもとめ古墳」が処女塚の方角に向けて築かれました。 奈良時代の万葉集や平安時代の大和物語の中にも、この三つの古墳にまつわる悲恋伝説が語り継がれており、本作品ではその続編を創造されています。

画像と文章の引用参照:兵庫県立美術館WEBサイト「注目作家紹介プログラム チャンネル10 入江早耶展」

兵庫県立美術館の場所はこちら

JR灘駅南口から徒歩約10分程度、南へ歩きます。国道43号線を越え、HAT神戸内へ。

さらに南下すると「兵庫県立美術館」が見えてきました。屋上のシンボルオブジェ「美かえる」が目印です。(先日は「青りんご」のオブジェをご紹介しましたね)

「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」作品のご紹介

展示会場は4か所に分かれており、まずは館内のホワイエからスタート!

悲恋伝説の「その後」のストーリーが、美術館の壁面に記されています。
会場マップを片手に作品が堪能できるように、スタンプラリー形式になっていますよ。

続いてはアトリエへ移動。入江さんご本人から、作品に対する思いや制作の様子などのお話をお伺いします。

(※本来はスポットライトで展示されているのですが、今回は特別に明るくして頂いております)

兵庫県内から集めたダンボールやお菓子の箱など、印刷物やマークなどを消しゴムで消し、その「消しゴムかす」を素材にして作品が制作されています。2次元で平面的な世界から、3次元で立体的に浮き上がらせるという発想が面白いですし、その精密さにまず驚かされます。

赤と青で対になったこちらの作品は、鎧や飾り、顔の表情などじっくりとご覧ください。

こちらは「円満千手観音」をモチーフに表現されています。細かい手の動きにご注目ですよ。

消しに使われた段ボールは、壁面としてこのように展示されています。

アトリエを出て、今度は館内のコインロッカーに移動してみましょう。

コインロッカーのある一角をのぞき込むと、

こちらには、ネコがいました。テレホンカードの絵柄から飛び出してきたような、何とも不思議な感覚ですね。

最後は、館内の美術情報センターへ。こちらは通常、作品の資料や蔵書が並んでいるコーナーなのですが、

ガラスケースの中にも、立体の世界観が広がっています。写真や絵柄の色が「消しゴムかす」に付着し、その色合いを活かして作品を制作されているので、その世界観に抵抗なく入ることが出来ます。じっと見ていると、そのまま語りかけてくるんじゃないかと。それぐらい作品に惹き込まれてしまいます。

この度は、貴重な機会を頂きまして、誠にありがとうございました。
「入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡~愛のラビリンス~」の開催期間は、11月23日(土・祝)~ 12月22日(日)まで(観覧料:無料)。立体で表現された世界観を、あなたもぜひ堪能してみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年11月23日(土・祝)~ 12月22日(日) 午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで、ただし美術情報センターはのぞく)

【有料無料の区分】
無料



※画像の掲載は、許可を頂いた上でご紹介させて頂いております。

【場所】

住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)

兵庫県立美術館

ギャラリー棟アトリエ1、ホワイエ、美術情報センターほか



この記事のURLとタイトルをコピーする