神戸市立中央図書館で「“KOBE”を語る~GHQと神戸のまち」の展示を開催!8月14日(水)~31日(土)まで #戦争 #神戸市立中央図書館 #GHQと神戸のまち

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

「“KOBE”を語る~GHQと神戸のまち」の開催

神戸市立中央図書館「“KOBE”を語る~GHQと神戸のまち」の展示が8月14日(水)~31日(土)で開催中です。

展示概要はこちら

第2次世界大戦後、GHQ占領下の神戸がどんな様子だったのか。歴史の事実としては知っていても、具体的な状況を知る機会は少ないのではないでしょうか。
本展はデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で平成30年度に開催された同テーマの展示の一部を巡回するものです。当時と今を比較した街の写真や、当時を実際に知る人から聞き取ったお話、「闇市」「進駐軍」「キャンプ」等、歴史を知るためのキーワード解説により構成したパネルが展示されます。
“戦争”というものを考える機会の多い夏、神戸の戦中と戦後の歴史について改めて考えるきっかけとして、ぜひご覧ください。

画像と文章の引用参照:神戸市広報サイト「KIITO×中央図書館 展示「“KOBE”を語る~GHQと神戸のまち」を開催します」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年8月14日(水)~31日(土) ※開館時間はポスターでご確認下さい

【有料無料の区分】
無料



※画像は、神戸市広報サイトよりお借りしています。

【場所】

住所:神戸市中央区楠町7丁目2−1

神戸市立中央図書館 1階ロビー

神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩5分



この記事のURLとタイトルをコピーする