クロスメディアイベント「078」のパネルディスカッション「都心三宮の“ひろば”の未来・可能性」を聞いてきた! #神戸 #パイ山 #さんきたアモーレ広場 #神戸三宮 #連休イベント #KIITO

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

「都心三宮の“ひろば”の未来・可能性」を考えてみた!

クロスメディアイベント「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」のカンファレンスプログラムとして4月29日、「さんきたアモーレ広場(通称:パイ山、デコボコ広場)」デザインコンペの表彰式とパネルディスカッション「都心三宮の“ひろば”の未来・可能性」が実施されたので、聞いてきました。

パネルディスカッションでは、市長・有識者・受賞者を交えて、魅力ある空間づくりや広場空間の可能性、都心三宮の未来の姿への期待などが討論されました。「パッチワーク的」な手法で、神戸の街をよりよい姿に変えていく話や、現在の三宮交差点に建設予定の「三宮クロススクエア(広場)」についての意義や見通しなどを知ることが出来、大変有意義な時間となりました。

今後ポスターなどで使用されるイラストも発表され、こちらも楽しみですね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年4月29日(月・祝)午後16時から 【開催済】

【有料無料の区分】
無料




【場所】

住所:神戸市中央区小野浜町1−4

デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)1階 KDLステージ



この記事のURLとタイトルをコピーする