東灘ジャーナル

神戸・魚崎郷の酒蔵通りを散策~浜福鶴 吟醸工房編~

calendar

reload

2016-04-06 10.12.45

神戸・東灘の酒蔵通りの散策2件目、浜福鶴『吟醸工房』に立ち寄りました。

阪神魚崎駅から南へ徒歩7分ほど歩くと、のぼりと建物が見えてきましたよ。

2016-04-06 10.12.11

スポンサーリンク

浜福鶴『吟醸工房』について

こちらの 浜福鶴『吟醸工房』は、伝統の日本酒造りの文化を広く伝えたいとの思いから、全工程をガラス張りでご覧いただける設備をそなえ、平成8年3月22日にオープンしました。1年を通じてリアルタイムで酒造りを見学できるのが、大変魅力的です。

2016-04-06 10.12.55

季節には酒蔵祭りも開催され、地元の方で大変にぎわっています。

館内に入ると、大きなが酒樽と杉玉がお出迎え。いらっしゃいませ。

2016-04-06 10.40.26

杉玉について

酒蔵や居酒屋などで、とりの巣のような丸い物体を見かけますよね。これは杉玉(すぎだま)とか酒林(さかばやし)と言われ、杉の葉を集めて作った造り酒屋には欠かせません。

日本酒の新酒は、秋に収穫された米で作り、その年の11月頃から年末にかけて搾られたものを指します。そう、新酒ができたことを印すために吊るされるのがこの「杉玉」なのです。杉玉は、ほとんどが茶色のものですが、それは杉の葉が枯れて変色したためで、実は作ったばかりの杉玉は青々としているんです!

葉の色が徐々に抜けて茶色に変色していく様子が、春先の新酒、夏酒、秋のひやおろし等・・・季節を変えて楽しませてくれるお酒とともに、杉玉も緑色から茶色へと変化し、目でも楽しませてくれます。

2016-05-16 11.57.11

工房のご案内

階段を上がり館内を進むと、まずは酒造りの道具が数多く展示されています。

2016-04-06 10.42.35

体感型で、とてもダイナミック!大きくて圧倒されますね。

2016-04-06 10.42.19

全館ガラス張りなので、普段は見えない工房の中まで見学することができます。

ちなみに、こちらは発酵室の様子です。

2016-04-06 10.44.56

では1階に下りて、お買いものを楽しみましょう♪

「限定品が買える」直売コーナーへ

2016-04-06 10.47.50

とにかく、種類が豊富で圧倒されます!肴やスイーツ、限定グッズも数多く取り揃えており、飲めない方でも楽しむことができますよ。

まずは、試飲コーナーへ。(笑)

工房担当の宮脇米治さんから、お酒の説明を受け、初しぼりからスパークリングまで、様々な味を堪能できます。

その中で特におすすめなのは、浜福鶴の全国販売商品「大吟醸備前雄町」「浜福鶴純米大吟醸」。こちらは、「ワイングラスで美味しい日本酒アワード2016」 でメイン部門にて金賞を受賞された品です。

ちなみに、私が気に入ったのはこちらのお酒。宮脇米治さんのお名前からできた厳選酒で、フルーティーな香りの淡麗大吟醸でした。(画像はWEBからお借りしています)

yoneji

今回のおめあて、人気No.1の「大吟醸ソフトクリーム(400円)」と「神戸にごりてっぽう水(360円)」を片手に、ひと休み。

大吟醸「六甲の雫」を使用した、ソフトクリームは、甘さ控えめで、食べやすいお味です。アルコールの風味はありませんが、後味にうまみが残りますね。

2016-04-06 11.06.07

「神戸にごりてっぽう水」は、有馬温泉の「ありまサイダー」のてっぽう水とコラボした商品です。れっきとしたお酒ですが、おしゃれなラベルですね~。

炭酸がシュワシュワとのどを潤してくれます。

2016-04-06 13.32.59

駐車場も完備され、館内は広く、快適に見学が楽しめますよ。

春休みの思い出に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
浜福鶴 吟醸工房
【営業日・営業時間】
10:00~17:00(入館無料)  ※月曜日(祝日の場合翌日)が休館日です
【連絡先】
078-411-8339
【Webサイト】

浜福鶴 吟醸工房

【場所】

住所:神戸市東灘区魚崎南町4丁目4番6号

株式会社 小山本家酒造 灘浜福鶴蔵

阪神高速3号神戸線・摩耶出口より北へ→国道2号を右折→

国道43号を東へ→覚浄寺を右折→浜福鶴銘醸工房へ

神戸市東灘区魚崎南町4丁目4番6号