暑く蒸れる季節、どの素材のマスクが涼しいのか着け比べてみた! #マスク #マスク比較 #新型コロナウイルス感染防止対策 #不織布マスク #布マスク #ウレタンマスク

この記事のURLとタイトルをコピーする

2020年6月11日挑戦してみた!

夏到来!どの素材のマスクが涼しいのか着け比べてみた!

新型コロナウイルス感染防止対策に、夏も必須となりそうな「マスク」。5月に入ると、蒸し暑く感じる季節になりました。今回は、どの素材のマスクが涼しいのか着け比べてみました。

今回着け比べたのは、こちらの3種類のマスク!

今回着け比べたマスクが、こちらの3種類。いずれもスーパーやドラッグストアでよく見かけるタイプのマスクです。

その1.一般的な「不織布マスク」

まずは一般的な「不織布マスク」から試してみましょう。カゼ、花粉対策や防寒・保湿などの目的で日常に使われる「家庭用マスク」の一種ですが、サイズも豊富で、長時間に渡り快適に使用できるのが特徴です。

「不織布マスク」は、外側の表面不織布、内側の額に触れる不織布、中間に挟んだフィルター機能を有する不織布の3層構造で構成されています。

不織布とは、その名の通り「織っていない布」のことで、繊維あるいは糸などを織らずに、熱的、機械的、化学的作用により繊維を接着・からみ合わせた薄いシート状の布のことです。

写真のように前面がプリーツ状になっている「プリーツ型マスク」は、マスクをしたまま話をしてもズレにくいのですが、粒子捕集性が細かいため、暑さや息苦しさを感じることもあります。5月の外出時はかなり暑く、蒸れると不快感が出てくるため、特に夏は数時間ごとに替えるといった対策が必要になりそうです。

その2.「布マスク」

次に試すのは「布マスク」。こちらは「洗って使える立体やわらかマスク」というタイプのものです。

洗って繰り返し使えるのが布マスク最大のメリット。肌に接しても違和感や負担が少ないのが特徴です。

布目が粗いので、異物を防ぐ性能はほこりや花粉といった限定的なものになりますが、逆に通気性がよく、湿度を調整する効果は期待できます。

材質はガーゼ、綿、ポリエステルといった様々な種類があり、柄や生地に凝ったおしゃれを楽しむことが出来ます。使い捨てではなく、洗って繰り返し使うことで、経済的な負担が少なくなるメリットもあります。通気性は良いのですが、ちょっと重量があるので、耳が重たく感じるかもしれません。

その3.「ウレタンマスク」

最後に試したのが「ウレタンマスク」。全体的に伸縮性あり、何度か洗って使うことが出来ます。

ポリウレタンを使用しているため、耐久性と伸縮性に優れ、着け心地が良いのが特徴です。

生地は軽くやわらかいのですが、全体的にやや厚みがあります。

目が粗いので、異物を防ぐ性能はほこりや花粉といった限定的なものになりますが、大変通気性がよく、長時間着けていても息苦しさが少ないのが特徴です。感染リスクの少ない場所であれば、使い分けの選択に出来そうですね。

着け比べてみた結果、しっかりと感染防止対策には「不織布マスク」、逆に通気性が良く、息苦しさから解放されるのは「ウレタンマスク」といった印象でした(※あくまでも主観的な感想です)

この記事のURLとタイトルをコピーする