雑貨店で売られていた「謎マスク」。実際に購入して着けてみたら、普通のマスクだった! #マスク #謎マスク #街角マスク #不織布マスク

この記事のURLとタイトルをコピーする

2020年6月10日挑戦してみた!

雑貨店で見つけた「謎マスク」を購入してみた!

最近街を歩いていると、店先や路上でマスクを売っているのを目にするようになりました。ドラッグストアでは依然として品薄なのに、なぜマスクが手に入るのでしょうか?ある雑貨店の店頭で売られていた「謎マスク」を購入し、実際に内容を確認してみました。

「50枚入・1箱2500円のマスク」は高い?or 安い?

雑貨店の店頭で売られていた「50枚入・1箱2500円のマスク」。コロナ流行前は1箱数百円が相場だった記憶がありますが、仕入れ値も高騰している現在では、2000円台~3000円台の価格で販売されているところが多い印象です。

実際に購入して内容を確認してみた!

ちょうど手持ちが切れそうだったので、実際に1箱購入してみました。

外装はしっかりした箱に入っており、日本語でサイズと説明が記されています。

蓋を開くと、中国語で書かれた「合格証」のようなものが入っています。

使用用途や有効期限、生産されたメーカーさんなどが記されています。

中のビニール袋を開けて、実際に1枚取り出してみたのがこちら。本体が不織布で上部にノーズワイヤーが入っており、三層折りのよくあるタイプのマスクです。

実際に装着してみると、匂いや肌触りは問題なく、国産メーカーさんのマスクと比べて若干生地が薄いかな、という印象ぐらいでした。

街で見かける「謎マスク」の検証結果は、中国産の普通の箱入りマスクでした。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする