神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」に乗って神戸の街を散策してみた!#神戸観光 #連節バス #神姫バス #神戸 #ポートループ #PortLoop

この記事のURLとタイトルをコピーする

区外スポット

神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」!

神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」が、いよいよ2021年4月1日(木)からウォーターフロントをメインに運行がスタート!街中で見かけた方も多いはず!早速乗って神戸散策を楽しんできました♪

>>>【※ご参考】神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」が2021年4月1日(木)から本格運行をスタート!ルートや時刻表はこちら!

神戸阪急前の三宮駅前」バス停からスタート!

歩道橋のデッキ下あたり・ポーアイキャンパス方面行のバス停の横に、「連節バス」のバス停と時刻表があります。

バスの入口には、ICのピッとする機械も登場!4月1日から市バス普通区IC定期券が市内の神姫バス210円均一区間でも利用可能となることに伴い、市バス普通区IC定期券で、Port Loopにそのまま乗車が可能です。運賃は大人210円、小児110円、1日乗車券500円となっています。

「連節バス」の接続部分は、大きな蛇腹で繋がっており、前方の座席は振動が少なく、後方の座席は揺れ幅が大きいのが特徴です。

ブルーを基調とした落ち着いた雰囲気の車内と座席は、

前方はゆったりと1人席が並んでおり、

後方の座席は2人掛けのシートが充実しています。

(※ちなみに2018年と2019年は、こんなカラフルな座席シートで楽しい車内でした♪)

>>>【※ご参考】2019年はラグビー柄!長~い「連節バス」に乗って神戸を散策してきた!

>>>【※ご参考】2018年はポートタワーをイメージ!おしゃれで長い「連節バス」に乗ってみた!

車内には、降車を知らせるピンポンのボタンと、

吊り革と手すり、運賃を知らせる電光掲示板も設置されています。

「Port Loop(ポートループ)」の外観がこちら。

濃いめのブルーとブラック&ホワイトを基調とした車体には「Port Loop(ポートループ)」のロゴとマークが付いており、なかなか渋カッコイイですよ♪

一部のバス停には、スマートバス停を採用し、デジタルサイネージに運行時刻表や運行系統図、バスロケーションシステムによるバスのリアルタイムな運行状況をわかりやすく表示するとともに、「KOBE Free Wi-Fi」の機能を搭載!より見やすく使いやすいバス停になっています。

運行ルートは、三宮駅前~ポートオアシス前~新港町~ポートタワー前を通り~ハーバーランドから~三宮に戻るルートで運転されており、神戸散策やお買物の交通手段にもぴったり♪見かけたらぜひぜひ乗ってみてね♪

情報の引用参照:神戸市広報サイト「連節バス「Port Loop」の運行開始と市バス普通区IC定期券の機能拡充」

【名称】
神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」
【営業日・営業時間】
【連絡先】
【Webサイト】

神戸市広報サイト「連節バス「Port Loop」の運行開始と市バス普通区IC定期券の機能拡充」

【場所】

住所:神戸市中央区小野柄通8丁目1 付近

神戸の連節バス:Port Loop(ポートループ)「三宮駅前」

※運賃は大人210円、小児110円、1日乗車券500円。

※三宮駅前~ポートオアシス前~新港町~ポートタワー前を通り~ハーバーランドから~三宮に戻るルートで運行中。


この記事のURLとタイトルをコピーする