木材パネルで市松模様!?目を惹く「兵庫県林業会館」の外観を見てきた!2月には稼働する模様。 #兵庫県林業会館 #建築 #神戸観光 #木材利用 #CLTパネル #神戸元町

この記事のURLとタイトルをコピーする

CLTパネルが美しい「兵庫県林業会館」の外観を見てきた!

神戸・元町にある「兵庫県林業会館」CLTパネル工法で建て替える一大プロジェクトが進み、美しい外観が見えてきましたので、写真でご紹介します。

CLT(Cross Laminated Timber)パネル工法とは

CLTとは、板の層を各層で互いに直交するように積層接着した木材の厚型パネルのことです。断熱性に優れ、大判のパネルとして利用することで、高い耐震性を確保することが出来ます。民間住宅に比べて木材利用があまり進んでこなかったオフィスビル、とりわけ都心部防火地域における中高層ビルへの木材利用の促進を目的として、今回の建て替え工事に採用されています。

文章の引用参照:兵庫県林業会館「CLTを活用した建て替えに関するサイト」

「兵庫県林業会館」外観の特徴をご紹介

各線元町駅から徒歩約3分、兵庫県警ビルの西向いになります。

ビルの外観がこちら。設計は竹中工務店、CLTパネルとガラス壁が交互に組み合わされ、市松模様を想起させるようなスタイリッシュな外観です。

南側も目を惹くおしゃれさを感じますね。

山の手にまわると、1階は鉄筋コンクリート造りの立体駐車場になっていました。

工事状況を見ると、鉄骨も使用されていますが、内部の建材にはCLT壁がたくさん使われていることが分かります。

入口すぐの場所には、大きなCLTパネルと取り組みの様子が展示されています。2月には完成見学会も開催されるようで、新会館の稼働も間もなくかと思われます。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
兵庫県林業会館
【営業日・営業時間】
※確認中です
【連絡先】
【Webサイト】

兵庫県林業会館「CLTを活用した建て替えに関するサイト」

【場所】

住所:神戸市中央区北長狭通5丁目5-18

兵庫県林業会館


この記事のURLとタイトルをコピーする