東灘ジャーナル

芦屋にある旧逓信省のレトロな建物「芦屋モノリス」を見学してみた! #近代建築 #芦屋モノリス #芦屋市 #旧逓信省芦屋別館

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

「旧逓信省芦屋別館」を活用した「芦屋モノリス」

芦屋に旧逓信省のレトロな建物「芦屋モノリス」があると知り、見学に行ってきました。写真でその様子をご紹介します。

「芦屋モノリス」とは

時代を超えて愛される憧憬の空間「芦屋モノリス」

芦屋駅から徒歩5分の好立地に、昭和4年に建築され、芦屋の街とともに多くの物語を刻んできた歴史的建造物「旧逓信省芦屋別館」。その風格ある建物に現代のセンスを調和させ、大人のためのゲストハウスとして再生させたのが、「芦屋モノリス」です。極上の料理を洗練の空間で味わう贅沢は、大切な人とのご会食、ビジネスランチ、パーティなど様々なシーンに対応可能、また結婚式場としても人気の高い話題のスポットです。(※文章は、芦屋モノリスWEBサイトより引用しています)

「芦屋モノリス」の場所はこちら

JR・阪神各線の芦屋の駅から徒歩で5分程、国道2号線と鳴尾御影線の間に位置しています。

スクラッチタイルに覆われた個性的な窓と外装が目印です。

白いラインと重厚な外観が、見事にマッチしています。

建物玄関のアーチと、

カフェテラスが連なる廊下が、モダンで上品な雰囲気です。

「芦屋モノリス」内部の様子

フロントで、建物内部の見学希望を伝えると、他のお客様に邪魔にならないように配慮しながらでの快諾を頂きました。(※賑わいのあるレストランや式場は避けて掲載しています)

廊下には、当時の貴重な写真が展示されています。

建物を風合いをうまく活かしながら改装されており、爽やかな雰囲気が特徴です。

広々とした空間に、上品でゆったりとした時間が流れています。

緑に囲まれ水に浮かチャペルや、両サイドの窓から自然光がたっぷりと注ぎ込まれるメインダイニングなど、クラシックな品格の中にも上質な寛ぎを感じる洋館を貸し切っての結婚式が大人気なのだとか。ご見学にもぜひどうぞ。

【近代建築が堪能できるイチオシの1冊!】

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
芦屋モノリス(旧逓信省芦屋別館)
【営業日・営業時間】
平日 11:30-20:00 土日祝日 10:00-20:00
【連絡先】
050-5306-8501
【Webサイト】

芦屋モノリスWEBサイト

【場所】

住所:兵庫県芦屋市大桝町5-23

芦屋モノリス

JR「芦屋駅」南口徒歩約7分
阪神電車「芦屋駅」東改札・北出口徒歩3分

兵庫県芦屋市大桝町5-23

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事